授かり婚で親への報告はどうする? 誠意を見せるしかない!

授かり婚

結婚の許しを頂くために相手の親を訪ねるのは人生で最も緊張すると話す方が多い上に、授かり婚となれば尚更報告が難しく感じられてしまうものです。

そこで、授かり婚においては念頭に置いておくべき事として何事もスピーディーに済ませるというものであり、ダラダラとするのは厳禁です。

そのため、妊娠が発覚し結婚することに決めたら迅速に両親に対して報告を行い、挨拶も可能な限り早い段階で行くようにしてください。

このように何事も手早く行うべきなのは当然親の印象を悪くさせないという意図もありますが、揉めたり許可してもらえず長引いてしまうリスクが高いためです。

授かり婚で一番ショックなのは女性側の両親

授かり婚で特に大きなショックを受けるのは女性側の親御さんであり、何も伝えることなく事実を伝えると気持ちの整理がつかずに時間を要してしまう可能性が高いです。

特に父親は娘のことがかわいくてしょうがないという人が多いので、一般的な順序を守らないような人に娘を預けたくないという人も少なからずいることでしょう。

そういった点から、旦那と嫁は各々の親に対して前もって一通りの事実をお伝えしつつ、パートナーのことについても教えてあげるようにしてください。
いざ報告に参る時は決して無理やり許諾して頂こうとは考えず、誠実さを意識し仕方なく婚姻するという態度を見せてはいけません。

結果としては授かり婚になるものの、遅かれ早かれ一緒になる運命で当人たちは幸せだという様子が伝わるようにしましょう。

孫ができて喜ばない両親はいないかと思います。
稀に「孫の面倒なんて見たくない!」という人もいるようですが、多くの両親はお孫さんをかわいがってくれますし、子供の笑顔には誰でも癒やされますからね!

お子さんが産まれるときには、お子さんの学資保険などの前に両親(特に父親)の生命保険の加入を検討したほうが良いでしょう。
万が一のときのために、必要最低限の備えをしておくことは重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です