授かり婚の親の反応はどうなの? 昔気質の両親には批判されるかも…?

授かり婚とは、男女の間に不意に子供ができ、それをきっかけとして結婚に向けて話をすすめるという状態のことです。
かつてはできちゃった婚などと呼ばれ、大人としてふさわしくない行為の結果、軽はずみな行動の象徴のような扱いを受けていました。

現在では、どのようなきっかけにせよ愛のある家庭を築くことになるのであれば問題はないと考える人が一般的になってきていますが、一昔前の世代の人たちにとってはまだ旧来の価値観が根強く残っています。

このため、授かり婚であると明かした際の親の反応には充分に注意を払う必要があります。

授かり婚はうっかり結婚?!

夫、妻双方の親にとって、自分の子供の配偶者となる人間はどのような人物なのか、軽はずみな行動が目立つ人間性を持っているのではないか、といった第一印象を持たれかねません。

このため、親に対しては、可能であれば授かり婚であるという事実は隠しておくのが得策と言えるケースが多いです。
世代間の価値観の差は時には埋めるのが困難で、不要な軋轢を回避するという意味で、あえて伝えないという選択肢もあることを覚えておきましょう。

先々幸せな家庭をしっかりと築き、落ち着いた段階で、本当はこうであったと伝えるというのも良い方法でしょう。

隠してバレない可能性はかなり低い

下手に隠してもバレる可能性のほうが高いので、潔く認めておいたほうが良いでしょう。

どう考えても結婚の報告時期と出産時期を計算してしまえば、誰でもわかってしまいます。

そもそも、妊娠○ヶ月という計算方法がよくわからない方法になっていて、生理が来ないとわかった前の生理日から計算することになっています。

例えば、1日に生理が来たとします。
次回の生理予定日は翌1日前後です。

15日くらいに着床して赤ちゃんができたとしますよね。
仮に翌1日に生理が来なくて妊娠が分かったとしても妊娠2ヶ月になります。

妊娠○ヶ月というのは、前回の生理日から第0週となり、第4週から妊娠2ヶ月という計算です。

1/1~1/7  ⇒ 妊娠0週
1/8~1/14  ⇒ 妊娠1週
1/15~1/21 ⇒ 妊娠2週
1/22~1/28 ⇒ 妊娠3週
1/29~2/5  ⇒ 妊娠4週

約40週で産まれるので、最短で生理が来ないとわかって妊娠が発覚したとしても、約8ヶ月で産まれてしまうことになってしまいます。
これって絶対バレますよね?

「妊娠した!結婚するから挨拶に行こう! でもできちゃった結婚は結婚報告後の1ヶ月後にしとこうか?」
という計画を立てたとしても、最短で妊娠3ヶ月です。
結婚報告後、すぐにできたと妊娠2ヶ月。この妊娠予定日の数え方を知らない場合だと妊娠1ヶ月でしょ?となるかもしれません。

隠し通せることはまず無いと考えておいたほうが良いでしょう。

まとめ

授かり婚には、いろんな苦労があるかと思います。
結婚式も出産前にできないことも考えられますし、お互いの両親の協力がなければ出産までの苦労は妊婦さんにとって大きな負担になってしまいます。

女性側の両親は、「娘を傷物にされた!」と激怒してしまう人もいるかもしれませんが、誠心誠意を持ってあいさつに行けば大丈夫です。

しっかりと家庭を養って、守って、幸せにしてくれれば両親も安心してくれますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です