授かり婚の離婚率はどれくらい? 若い人たちの8割は離婚している?

離婚

まず、初めに授かり婚とはできちゃった婚に近いものです。
しかし、できちゃった婚との違いは、結婚を前提に付き合っていて、また双方の両親が交際を容認していて、結婚をいつにするかという状況での結婚を指します。

授かり婚は、結婚する前に子供を産むというものです。
できちゃった婚は、行動や、意味が軽く受け取られるということから、授かり婚ということが増えています。

また子供は、天からの授かりものという考えがあり、授かり婚という考え方が広がっています。

幸せに暮らしている家庭も多いですが、若い授かり婚は一説には、8割が離婚すると言われています

若い家庭は、経済力や、仕事と育児の両立の難しさなどが背景にある様です。
授かり婚の世間のイメージは良いとは言えず、それは上記に記した離婚率の高さなどが要因にあるとみられています。

授かり婚をした家庭も苦労が多いように思われます。
世間から敬遠されがちであり、また勢いで子供だけ産まれてしまってそのまま両者の総意の元でなく仕方なく結婚したという事例も多いようです。

以上のことから、世間的によくみられてはおらず、離婚率は8割とも言われています。
しかし、幸せな家庭を築いている人たちも多くいます。

まとめ

授かり婚だろうとできちゃった結婚だろうと、結婚してから計画的に子どもを産んでも離婚する人は離婚します。

結婚生活を続けていくと、どうしても相手の嫌なところが出てきたり、他の人が良く見えたり、回りと遊びたくて家庭を疎かにしたりといろんな事があります。

特に子育てをしていると、夜泣きやわがままなど大変なことばかりです。
夫婦で助け合って子育てをできないような状態だと、どうしても相手に当たってしまって悪い雰囲気になってしまいます。

そのまま夫婦生活がなくなってしまえば、離婚する確率が高くなってしまうでしょう。

管理人は、離婚の原因の9割は夫婦生活が無くなることだと思っています。
できちゃった結婚や授かり婚だからという理由を探さずに、相手のことを考える気持ちを持っていれば離婚なんてしないでしょうし、喧嘩はしても良い夫婦を続けていけると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です