夫婦の夜の生活は何歳まで?夫婦生活を円満にする秘訣とは…。

夫婦生活は当たり前というのが一般的な考え方なのかもしれませんが、セックスレスの夫婦は年々増えていき、2015年の調査結果では約44%の夫婦が1ヶ月以上セックスをしていないというデータがありました。

テレビで「夫婦のベッドは一緒?」という街頭アンケートを行っていましたが、これも約半数が別々という結果になっていました。
この2つのデータを見る限り、ベッドや布団を別々にしたときにはセックスレスの始まりなのかなと感じました。
また、セックスレスが続けば不倫や離婚といった最悪の流れの第一歩です。

年収が高い夫婦はセックスレスの割合が高い

年収が1000万円以上の夫婦と、300万円前後の夫婦とではセックスレスの割合が1000万円の人のほうが高くなっています。
お金に余裕があれば、お小遣いにも余裕がありますので女遊びをやりやすいということでしょう。

セックスレスと言っても、男性はどこかで射精したいと考えています。
それが不倫や浮気なのか風俗なのか、自己処理なのかわかりませんが、お金があれば遊ぶお金にも余裕がありますので、自己処理というよりは女性と関係を持っている可能性が高いですね。

他の女性と自分の奥さんを比べた時、ほとんどの場合、奥さんよりも他の女性の方が良く見えるものです。
遊ばなければセックスレスにはならないというわけではありませんが、お金がある方が他の女性と遊びやすいということですね。

年齢に比例してセックスレスになっていく

年をとると男性の精力はどんどん落ちていくと言われています。
そういった中で、「奥さんとだけはできない。」「奥さんには興奮しない。」「奥さんを女性として見れない。」などと言った意見が多く見られます。

性欲がない時に、マンネリ化したセックスをやりたいかというと、男性だけではなく女性もしたくないでしょう。
年齢や仕事を言い訳にしてセックスレスになっていく人が多いようですが、男性は他の女性とチャンスがあれば浮気します。
特にセックスレスの人は。

性欲がなくなることと、女性と交わりたいという気持ちは比例していないと考えています。
性欲がなくて射精したいと思わなくても、女性とイチャイチャしたいものでしょう。
それが奥さんだとできないだけで、若い女性や違う女性だったら興奮する。

70歳でも80歳でも子どもを作るおじいちゃんはいますよね?
性欲がないというのはただの言い訳で、奥さんを女性として見れなくなっているということでしょう。

日本人はセックスをしない人種?

そもそも日本人は世界の夫婦と比べると、年間のセックス回数が少ないと言われています。
日本は世界でワースト1位の、「年間45回」と言われています。
世界1位はギリシャで「年間138回」だそうです。世界の平均でも約100回となっています。
2,3日に1回はセックスをしているのに対し、日本人は週に1回すれば良いほうなのです。

セックスは飽きるという人もいるようですが、主に言われている原因の一つが日本人は働きすぎだということです。
平日は残業して夜遅くに返ってくるため、週末しかセックスをすることができないのでしょう。

また子どもと一緒に寝るということも一つの原因と言われていますね。
アメリカでは、赤ちゃんの時から子供部屋に寝かせるようにしているそうです。
「赤ちゃんが起きないように…。」という風にセックスを楽しめなくなっているとも言われています。
しかし、アメリカのように赤ちゃんの頃からベッドは別々というのは少数派のようです。
世界的には一緒に寝るという習慣のほうが多いようなので、そこまで大きな原因ではないのかもしれません。

産後セックスレスになる夫婦は離婚する?

妊婦さん

産後に、そのままセックスレスになってしまう夫婦も少なくないようです。
産後のセックスレスでは、奥さんの愛情がなくなってしまうということが多いようですね。
旦那さんよりも子どもに愛情をすべて注いでしまうという傾向があるようです。

生理的に旦那さんを受け付けなくなったという人の中で、ちょっとおもしろいと思ったのが、子どもが男の子の場合、旦那さんよりも子どもに愛情が100%向いてしまうことが多いようです。
母親からすると息子はかなり可愛いと感じるらしく、娘さんを産んだときよりもセックスレスになる可能性が高いという声もありました。

子どもが産まれてから性欲がなくなったという理由が多いようですが、旦那さんからすれば話し合うしか無いです。
離婚してでもする気がないとい人もいるようですし、お小遣いを増やすから風俗に言ってくれという人もいるようです。
そこまで言われたら正直諦めるしか無いような気がします。

まとめ

セックスレスの原因は、お互いが異性として見れなくなったということとセックスを楽しめなくなったということが多いようです。
海外では「セックスはスポーツ!」といった感じで楽しんでいるようです。
高齢になっても、奥さんの「排卵の終了」したとしても、セックスを楽しむ夫婦はセックスレスにはならないでしょう。

また、最大の原因はマンネリ化でしょう。
何となくやっている作業のようなセックスでは、年々回数が少なくなってくることは当たり前です。
人間は飽きる生き物ですし、男性も女性も新しい相手を探してしまうことだってあります。

夫婦でセックスの話をすることは恥ずかしいと思いますが、夫婦関係を継続させる秘訣はセックスです。

セックスレスになって、お互いが大丈夫なら夫婦関係は続きますが、どちらか一方でも性欲の処理が必要なら夫婦関係はいつかは終わる日が来ると思います。
熟年離婚が流行っているようですが、良い夫婦関係を築いて、最後の時に「ありがとう。」と言える関係になりたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です