引越し料金のキャンセル料を全額取られた?!それって詐欺ですよ?

「引越し業者に予約したのはいいんだけど、急遽仕事が入った。」
「外せない用事ができてしまった。」
ということは、意外とありがちですよね。「こんな時に限って?」というやつ・・・。

そんなときに引越し業者が 「うちは、トラックも作業員も用意してしまっています。キャンセル料、全額払って下さい。」 ということがあるとかないとか・・・。

これってどうだと思いますか?キャンセル料は全額取られてしまうと考えてしまいがちですが、実は違うんです。

キャンセル料は標準引越運送約款で決められている

キャンセル料は引越し業者ごとではなく、標準引越運送約款(引越約款)で決められているのです。 ですので、無駄な料金は払わなくてもいいので、ダマされないようにして下さいね。

引越し前日のキャンセル料 引越し料金の10%
引越し当日のキャンセル料 引越し料金の20%

上記のように、決められています。 「全額払って下さい!」という業者は違法行為なので、すぐに通報しましょう!

そもそも、契約するときに標準引越運送約款(引越約款)を提示しなければいけません。 契約書と一緒に、目を通すように言われてコピーをもらうと思います。

(ウェブで検索してもPDFが出てきます。⇒標準引越運送約款

2日前までのキャンセル料に関しては、一切費用はかかりませんので安心して下さい。 だからといって、余程のことがない限りはキャンセルするのはヤメましょう。

キャンセルはできたけどお金を請求された

引越し料金のキャンセル料は上記の表のとおりなのですが、他にも料金が発生してしまうことがあります。 主に、無料でダンボールをもらった場合です。

無料ダンボールは、引越し料金に含まれています

引越しをしないのでしたら、返却しなければいけません。 当然、新品を置いていってると思いますので、使ってしまったものに関しては買取になるでしょう。 (引越し業者によっては、お金がかからない場合もあります。)
これがまた厄介なのです。

前述のとおり、ダンボールは買取になることもあり、返品の送料は自己負担です。

キャンセルされているので、引越し業者は引き取りに来てくれることはないと考えておきましょう。

ただ、こういう時に引き取りに来てくれる業者は、「今回はキャンセルしてしまったけど、次回も頼もう!」と思いますよね? これが良い営業マンですね。 後々の利益を考えているということでしょう。

ちょっと感情的になって、「キャンセルしたんだから、送って下さいね!」という態度を取ってしまうと、次回の予約はほぼ無くなります。 これは、業者によって対応は様々なので、断定はできません。

キャンセル料は最大で20%ということは覚えておきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です