妊娠から出産までにかかるお金はいくら?助成金を利用すればお金はかからない?

妊婦さん

「出産にはお金がかかるから…。」「こどもを産むとお金がかかるから、今の給料では生活できない…。」と考えている人が多いようです。実際には、助成金を利用することで出産費用は思っているほどかかりませんし、子どもを育てるのも病院代などは無料だったりするので、多額の借金をしているという人や浪費家の人以外なら普通に生活することはできるでしょう。

ここでは、出産する人向けに、どれくらいの費用がかかって、どれくらいの助成金がもらえるのかというのをご紹介しています。あなたが住んでいる自治体によっても多少の誤差が出てきますので、詳細はあなたの自治体へ聞くようにしてくださね。

出産までにかかる診察・検査費用はいくら?

出産までにかかる診察費用や検査費用には、赤ちゃんや母体の状態によっても変わってくるのですが、平均的にかかると言われている通院回数から値段を出していきます。病院によっても診察費用が変わってきますので、大凡の目安にして下さい。

診察料金1回 診察回数 合計
3,000円~1万円 14回 6万円

上記の表はあくまでも目安です。診察料金の幅が大きくなっていますが、定期的な診察を受けるだけでしたら、5,000円もかからないくらいです。検査が必要になったりすることで、余計にお金がかかってしまい、1万年を超えることもあります。順調に行けば、約6万円程度で間に合うようですね。

妊婦健康診査助成金制度を自治体ごとに把握しておく

上で紹介した値段は、あなたが自費で支払わなければいけない費用ではありません。妊娠をすると母子手帳を自治体にもらいに行きます。妊婦健康診査助成金制度がありますので、母子手帳をもらう時に一緒に診察費用を負担してくれるチケットを一緒にもらうことができます。自治体によって変わりますので、あなたがお住いの自治体に聞くようにして下さい。

参考として、東京の千代田区と江東区、福岡県の大野城市の助成金をご紹介します。

東京都江東区、千代田区

検診1回目(水色) 検診2回目~14回目(黄色) 超音波検査(白色)
東京都江東区 8,450円 5,150円 5,300円
東京都千代田区 9,680円 5,160円 5,300円

福岡県大野城市

健診内容 回数 上限金額
基本健診・妊娠初期血液検査(1回目) 1回 14,750円
基本健診 8回 5,100円
基本健診・貧血検査(6回目) 1回 6,690円
基本健診・クラミジア検査(7回目) 1回 8,700円
基本健診・超音波・貧血・血糖検査(8回目) 1回 13,020円
基本健診・B群溶血性レンサ球菌検査(GBS)(10回目) 1回 8,300円
基本健診・超音波検査(12回目) 1回 9,880円

東京都では大きな差はありませんが、福岡県大野城市と比べると結構大きな金額の違いがあると思います。やはり東京だと収入レベルも高くなるので助成金が安くなるのではないでしょうか。大野城市では細かい検査の順番までも決まっているようなので、自自体と病院が連携しているのではないかと思います。

全国47都道府県別に、助成金の平均を出したところ、東京都は45位、福岡県は17位だそうです。平均なので東京でも助成金が高い自治体はあると思いますが、地方の方が高くなっている印象です。地方に行くと、子どもが成人すると東京や地方都市へ出ていくことが増えているため、子どもを増やすため・住みやすい環境を作るための対策だと思います。

里帰り出産するとしても、住民票がある次自体からの助成金しかもらえませんので注意してくださいね。

分娩入院費用はいくら

生後4日の赤ちゃん

分娩入院費用は病院によって大きく変わります。また帝王切開になった場合には余計にお金がかかってしまいますので、ある程度まとまったお金を用意しておく必要があります。

入院期間が長くなればなるほど、お金はかかりますが、私が出産した病院では、自然分娩の場合には出産後の入院は3日~1週間程度。帝王切開になった場合には、2週間は入院しておかなければいけません。

他にも赤ちゃんの体重が少ない場合には、2500gを超えるまでは赤ちゃんだけ入院しておくということもありましたし、すぐに退院していく人もいます。病院によっては個室費用がかかってしまうこともあるでしょう。

出産一時金制度では、42万円が支給されます。ですので、基本的に分娩入院費用は40万円前後と考えておいて良いでしょう。

私は帝王切開での出産でした。42万円の支給+約8万円の手出しだったので、50万円かかったということになります。2週間の入院でしたので、一般的な平均の金額となっているでしょう。

出産育児一時金制度は病院へ直接払いにできる

出産育児一時金制度は、出産後に後払いでもらっている人が多いでしょう。私も第2子までは、出産後に請求して後払いでもらっていました。3人目の子どものときには、直接病院への支払いをしてもらうことがわかったので、病院へ支払ってもらうことにしました。

自治体によっては、直接払ってもらう制度が無いこともあるかもしれませんが、直接支払ってもらえば、自然分娩の場合には手出しのお金は必要ないかと思います。42万円かからなかったとしても、余った分はもらえますので、後から申請したりするのが面倒な場合には、先に申請しておいたほうが良いでしょう。

お金が戻ってくるとは言え、手出して40万円ものお金を出すのはイヤですからね(笑)

帝王切開になると出産費用が高くなる

先ほども紹介しましたが、私は帝王切開で合計約50万円の支払いをしました。帝王切開になれば麻酔も必要ですし、初日は全く動けなくなってしまいますので、オシッコも管を通します。点滴も毎日うたなければいけなくなってしまいますので、料金がかかってしまうのは仕方がないでしょう。

とあるサイトでは、40万円~100万円かかると書かれていましたが、100万円はちょっと高すぎるような気がします。超高級な病院になれば、そもそもの入院費が高いのでそれくらいの請求は当たり前かもしれませんが、一般的な病院でしたらそこまで高くならないと思いますよ!

里帰り出産で気をつけなければいけないこと

里帰り出産をする時にも、母子手帳をもらうところは住民票がある自治体になりますし、妊婦健康診査助成金や出産育児一時金をもらうのも住民票がある自治体になります。妊娠初期には里帰りしていないでしょうから、里帰り前に出来るだけのことをやっておく必要があります。

また、妊婦健康診査助成金が里帰り出産した地域では使うことができなくなる可能性があります。使うことができなくても、妊婦健康診査助成金のチケットを自治体に持っていくことでお金に変えてもらうことができるようなので、事前に確認しておくようにしましょう。

出産育児一時金を病院に直接払いにしてもらうことができるとお話しましたが、里帰り出産の場合にはできないこともあるかもしれません。また、病院への確認が必要になりますし、病院から書類を書いてもらわなければいけないので、そのあたりも病院と自治体に確認することが必要になります。

マタニティ・ベビー用品の準備

マタニティ用品やベビー用品は全て用意しておくようにしましょう。産まれたばかりの赤ちゃんはほとんど寝ていて、ミルクのときとオツムの不快感などで泣き出すくらいです。2,3時間おきに起こされることになってしまいますので、外出している隙がないくらいです。お母さんも睡眠時間が短くなってしまいますので、できるだけ眠りたいという気持ちにもなります。

里帰り出産で両親に助けてもらっている人は家事を全てやらなくても良いと思いますが、すぐに自宅に帰った場合には旦那さんの料理や上の子がいる場合には大変です。必要なものはすべてリスト化して買っておきましょう。特に、男性は買い物が嫌いな人が多いです。旦那さんに頼むものは、できるだけ簡単なものだけにしておいたほうが、あなたのストレスにならないと思いますよ!

マタニティ用品は、お腹が大きくなるに連れて少しずつ買い足しているでしょうから、そこまでまとまったお金はかからないかもしれませんね。ベビー用品は、肌着や布団セットなどの用意で、5万円前後はかかるでしょう。出産するとなれば、両親からの出産祝いとしてベッドや布団セットは買って貰う人も多いかと思います。車に乗る人はベビーカーなども必要になるので、リスト化して少しずつ準備しておきましょう。

まとめ

結果として、出産にはあまりお金はかからないでしょう。自然分娩でしたら分娩入院費用は出産一時金でまかなえていることが多いです。診察や検査費用もほぼ手出しがないことのほうが多いです。ですから、基本的には生活費だけが必要になることが多いでしょう。

出産費用はできるだけお金がかからないようにという国や自治体のおかげで比較的楽に出産できるようになっていると思います。子どもを育てるのも、病院代は全額負担してくれる自治体も多いです。私が住んでいる青森県では、中学生まで医療費は全額負担してくれています。子ども手当もありますし、意外とお金はかかっていないです。

それでも大学まで出すとなると、1000万円かかると言われていますので、決して楽とはいい難いかもしれません。夫婦で協力すればできないことはないと思います。お子さんが欲しい人は一度考えてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です