40代からの妊活!自然妊娠する確率は5%以下?

妊娠中の女性

結婚をする人が高年齢化していることから、40代でも妊娠出産をする人は珍しくなくなってきていますね。
40代ともなると、そもそも自然妊娠すら難しい状況になってしまいます。

40歳で自然妊娠する確率は約5%と言われています。
45歳になれば1%とも言われているくらい自然妊娠する確率は下がってしまいます。

5%ということは、排卵日を計算して20ヶ月に1回妊娠するかどうかの確率です。40代になれば、6ヶ月経てば体が大きく変わるとも言われています。
妊娠できたとしても、流産してしまうこともあるので油断することはできません。妊娠できないことを考えると体外受精も視野に入れておいたほうが良いでしょう。

【年齢別】妊娠・流産する確率とは?

年齢妊娠する確率流産する確率
25歳30%10%
35歳20%20%
40歳5%40%
45歳1%50%

上記の表を見てもらえれば分かる通り、40歳になると妊娠する確率がガクンと下がりますし、流産する確率は大幅に高くなってしまいます。
個人差がありますので、40歳の人でも35歳位の妊娠・流産確率の人もいるということはお分かりいただけるかと思います。

どれだけ、子宮内・卵子を若いまま保てるのかということが重要になってくるでしょう。
上記の表はあくまでも確率なので、子宮や赤ちゃんのためになることを一つずつやっていくことが、40代の妊活の第一歩になるでしょう。

40代の出産は赤ちゃんに障害がある可能性も高くなる

高齢出産になると、赤ちゃんにもリスクが出てくることを知っておかなければいけません。
年齢が若いときの卵子と40代になったときの卵子では、卵子の細胞レベルで減少しているので、妊娠する確率も下がりますが、障害がある赤ちゃんになってしまう可能性も高くなってしまいます。

20代の頃のハリのあるお肌と40代のたるみが出てきたお肌を比較すればよくわかると思います。体全体が老いていくので仕方がないことなのです。

年齢染色体異常発症率ダウン症発生率
25歳0.06%0.08%
35歳0.3%0.4%
40歳1.5%1.1%
45歳4.7%3.3%

上記の表を見てもらえれば分かる通り、染色体異常発症率とダウン症発生率が40歳を超えると高くなってしまいます。
45歳になれば、染色体異常とダウン症の確率を合わせると、約8%。12.5人に1人の確率で染色体異常やダウン症の赤ちゃんが産まれてしまうということです。

3%や4%と見れば、大した数字に見えないかもしれませんが、楽観視できるレベルではないでしょう。

妊活には葉酸?!マカやザクロの方が重要!

妊活のサプリメントと言えば葉酸が一番に挙げられていると思いますが、実際に「デキた!」人が飲んでいたサプリメントの第一位はマカです。
続いてザクロが二位。三位に葉酸となっています。

葉酸は妊活中や妊娠初期まで摂取したほうが良いと厚生労働省が推奨しています。また、食事から摂取するだけでは葉酸は消化されてしまうので、サプリメントを摂取するように推奨されていることはご存じの方も多いでしょう。
ですので、葉酸サプリが人気なのはわかります。

マカやザクロには、身体のリズムを整えて「デキる体づくり」に最適な食べ物なのです。
晩婚で妊活中の人の方はもちろんですが、生理周期が不安定な人や体の調子が良くない人の体のバランスを整えてくれる成分をたっぷり含んでいます。

『ハグクミの恵み』というマカザクロサプリメントを販売している社長さんのお子さんは未熟児として産まれてきました。
社長が経験した不安や心配をできるだけサポートしたいということで立ち上げた会社で、妊娠から育児までサポートしている会社さんです。

赤ちゃんを産むお母さんのためのサプリメントになっているので、妊活中のママは、葉酸と一緒に飲んでおきたいサプリメントですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です