口臭はサプリメントではダメ!ごまかすのではなく完治を目指す

口臭がきついって言われた人やマスクをして自分の口臭が気になった時に、サプリメントが良いと聞いて飲んでいる人がいるかと思います。続けるには意外とお金がかかってしまいますし、根本的な解決になっていないこともありますので、原因を調べて完治することが一番の対策です。

口臭専用のサプリメントを飲んで、今すぐ口臭を無くしつつ、原因を突き止めて完治するということでサプリメントに頼らないようにしましょう。

口臭の原因はどれ?

口臭の主な原因と言われているのが、「歯周病・虫歯・舌苔・副鼻腔炎(蓄膿症)・胃炎」などが上げられています。口臭の原因として一番多いのが、歯周病や虫歯が原因のときが多いと言われています。副鼻腔炎は耳鼻科、胃炎は内科になるでしょうから、一つずつ潰していくようにしましょう。

歯周病・虫歯・舌苔

まずは歯医者さんで歯周病や虫歯のチェックをしてもらうことです。できれば「口臭が気になるのですが…。」という話をして、歯医者さんの意見を聞くことも大切ですね。

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎という病名は聞きなれないでしょうが、蓄膿症と聞くとわかりやすいかと思います。簡単にいうと鼻の奥に膿が溜まっている状態のことですね。特徴としては、鼻づまりになるので口呼吸で口が乾いて口臭がするようになる。また、膿がたまることで膿の臭い匂いが自分でも感じるくらいになります。

他人に指摘されなくても、自分でもわかりやすいので、膿っぽいなぁとか慢性的な鼻づまりに悩んでいるなら耳鼻科に行って治してもらいましょう。

蓄膿症ではないとしても鼻づまりでも口の中が乾燥してしまいますので、口臭の原因にもなります。鼻通りが良くなれば寝付きも良くなりますので、病院に行くようにしましょう。

胃炎

胃炎と言っても様々で、重大な病気になっている可能性も高いので注意が必要です。一番多いと言われているのが、胃潰瘍です。胃潰瘍が原因の口臭は、卵が腐ったような臭がするようです。たまに年を取った人の口臭が温泉卵のニオイをしていることがありませんか?胃腸の様子が悪いことが原因です。食生活はもちろんですが、ストレスなども原因になりますが、硫黄臭を感じたら病院に行ったほうが良いかもしれません。

二指腸潰瘍や慢性胃炎、逆流性食道炎、胃がんなども口臭の原因になると言われています。体の中が悪くなっていると知らせてくれる役割なのではないかと思います。素人では判断できませんから早急に病院に行くことをおすすめします。

まとめ

口臭は他人からすると迷惑ですが、口臭を発している人の体のどこかに不調が出ているということです。特に胃炎が原因となると最悪の場合胃がんということもありますので、家族で口臭を発しているなぁと感じたら指摘してあげて下さい。

特に、卵が腐ったような硫黄臭は自分でもわかると思いますが、他の人のほうがわかってあげれると思うので、あなたの周りに人には教えてあげるようにしましょう。「硫黄臭がする口臭って胃潰瘍とか胃がんになっている可能性があるみたいだよ。」と言ってあげるのは、口臭を指摘しているというより、口臭は病気を知らせてくれているということを教えていることです。大切な人ほど、教えてあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です