夜間に引越ししたい!でも夜逃げじゃないよ?

仕事の都合でどうしても夜間に引越しをしたいって人は意外といます。

「夜間に引越ししてくれる業者はあるの?」

この質問はよく聞きます。 答えは、「もちろんあります。」 しかし、多くはありません。 ですので、効率よく探すためには一括見積もりが手っ取り早いでしょう。

もしくは、「夜逃げ + 地名」で検索すると一発で出てくるでと思います(笑)

夜間の引越しで注意しなければいけないこと

多くの引越し業者が夜間の引越しをやらない理由を考えてことはありますか? 管理人の勝手な想像ですが、人員の確保と騒音に関する問題です。 引越しは大きな音が出ます。 特にマンションだと21時以降になると音に敏感になりやすいです。

ですから、夜間に引越しををするのはマナー違反という、日本人特有の人に迷惑をかけないようにしよう。という考えが出てきます。

実際に、夜間に引越しする人の上下左右の部屋の人は騒音で迷惑していることも多々あります。 ですので、もし夜間に引越しする場合は、近隣への声掛けをしておくことが重要です。

夜逃げに間違えられる?!

あなたは今までの経験上で、夜間に引越しする人を見たことがありますか? 管理人は見たことありません(笑)

荷物の搬入が19時以降になってしまったということはあります。 管理人が実際に引越しのアルバイトで経験しました。

逆に搬出(荷物を出す)作業を19時以降に始めたことはないですね。 繁忙期でも、あまり無いです。 ですので、ドラマや漫画などでも見られる『夜逃げ』に間違えられる可能性も(笑)

想像力豊かな近隣の人だったら、引越しした後に変な噂が流れているかもしれませんよ(笑)

夜間に引越ししてくれる業者は?

業者は一括見積もりで探すのが一番手っ取り早いです。 だって、複数社に夜間対応してくれるか、一度聞くだけなので。

あとは、時間に余裕を持って申し込むすること。

夜逃げだったら「今日中に引越ししないと!」となるので、夜逃げ専門業者に問い合わせて下さい(笑) というか、夜逃げ専門業者しか無理でしょう。(引越し業者より絶対高いと思いますが)

普通に引越しするなら、引越し業者をゆっくり探すのが一番です。 夜間料金を請求してくる業者もありますので、多くの引越し業者の見積もりをすることをオススメします。

今すぐに引越したいというホストの人がテレビに出ていましたが、その人は何でも屋さん(便利屋)に連絡をして引っ越ししていました。当日の引越でしたが対応してもらっていましたので、夜逃げの人にはオススメかも?(笑)。 ⇒何でも屋さんとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です