引越しによくある3つの敷金トラブルとは?

賃貸マンションなどの賃貸物件に住んでいる人にとっては仕方がないことですが、敷金の交渉はできれば二度と経験したくないと思っている人も多いかと思います。 トラブル大好き人間にはいいのかもしれませんが(笑)

何だかんだで、管理会社や大家さんから料金を請求されてしまいます。 あたかも、相手側が正しいように・・・。

知らない人は結構損しているのではないでしょうか? 管理会社の人も正当な理由で(請求できないものを)拒否すると、苦笑いをします。 管理会社の人も大家さんから圧力をかけられているでしょうから、もしかすると辛い立場かも知れません。法律と大家さんとの板挟み状態ですからね。 簡単に敷金トラブルについて説明したいと思います。

原状回復という借りる側の負担とは?

まず、原状回復という大家さん側の意見から考えたいと思います。 原状回復と聞くと、『入居した時の状態に戻さなければいけない』と考えてしまう人が多いでしょう。 管理人もそう思っていました。

原状回復とは、借りた人が壊したり傷を付けたものに対して請求できるものです。

例えば、タバコを吸ってヤニが壁についてしまったり、喧嘩して壁に穴を開けてしまったり。 故意によって傷を付けてしまうと請求されてしまいます。

物価の価値は年々下がっていきますし、利用年数が増えればそれなりに傷んできます。 ですので、通常通りに使用している分には、お金を払う必要が無いということです。過失(あなたに非)がある場合には修繕費用を支払う必要がありますが、経過年数によって生じる劣化に関しては支払う必要はないということです。

よくある3つの敷金トラブルとは

マンションやアパートだったら、この3つが主なトラブルの原因になると思います。

  • ハウスクリーニング代
  • 畳の交換
  • クロスの張り替え

ハウスクリーニング代について

ハウスクリーニング代は、契約書に記載がなければ払う必要は無いと言われています。 しかし、管理会社や大家さん次第と言ったところでしょう。

キレイに掃除していればOKという場合もありますが、ハウスクリーニング代は支払わなければいけないという場合もあります。 管理人の経験上、地域によって変わると感じました。 東京都の場合は、キレイに掃除すればハウスクリーニング代は必要ないと言われています。(実際に払ったことはありません。) しかし、埼玉県の場合は、ハウスクリーニング代は掃除していても払わなければいけませんでした。(管理会社に言いましたが、東京都は払わなくても良いかもしれないが、埼玉県は払わないといけないと言われた。)

これは、管理会社によって変わってくるかもしれません。 東京ルールというものがあるみたいなので、東京では借りた人のほうがお得ですよね。

畳の交換代について

畳の交換代は、基本払わなくてもOKです。 故意に傷づけたりした場合には、支払う義務が発生してしまう可能性もあります。 しかし、日焼けや家具の痕などは必要ありません。

畳の交換代は、契約書に書かれていることがほとんどだと思います。 しかし、管理人は払ったことはありません。 特に傷つけていなければ、徹底的に争っていいところですね。

ちなみに、「畳って引越ししたら裏返すんでしょ?」と聞いたことあります。 というか、畳をめくってもらいました(笑) あれって、片面の畳で、その都度、張り替えているみたいです。 ですので、畳はどこのマンションやアパートでも新品同然なんですね。

クロスの張り替えについて

クロスの張り替えは一番お金がかかります。 これ払うくらいなら、ハウスクリーニング代を払ったほうがマシなくらい(笑) 2LDKのマンションで20万円くらい払えって言われたことありますもん。(払ってませんが(笑))

基本的に、クロスはヤニ&傷です。 小さい傷だと一部張り替えだけなので、1ヶ所1000円くらいで収まるのですが、タバコを吸ってしまうと全面張替えになってしまいます。 壁+天井の面積を測って、きっちり請求されます。

タバコのヤニは、借りた人の責任になってしまいますので逃げれません。 でも、管理人は敷金1ヶ月分をおいて行っただけで、全額は払ったことありませんが基本的には支払わなければいけないものです。裁判をしたら負けてしまいますので、上手いこと逃げてきました…(笑)。払いたくなければタバコはベランダで吸うようにするか、ICOSなどに変更することをおすすめします。

敷金トラブルのまとめ

結局は、敷金をいくら預けているのかによって、対応は変わってくると思います。 1ヶ月分だったら、そこまでの痛くはないと思います。 管理人がクロスの張替えで20万円くらい請求された時は、敷金を諦めました。 その後、払えって連絡は一切来ていません。

大家さんも支払い請求をして色々争うよりも、早く新しい入居者を探したほうが楽だという考えがあると思います。特に私が住んでいた物件では、築年数は20年近くありましたが、震度5強の地震でも机の上においてあったリップが落ちただけで、かなり頑丈なマンションでした。ですので、借りてはすぐにでも見つかりますからね。運が良かったのでしょう。

最近ではあまりないと思いますが、敷金を3ヶ月分預けていると結構な金額になりますよね? そうなるとシビアに対応していかないと、全部取られてしまうことも考えられます。 しっかり対応しておきたいですね。お金を預けている状況のほうが明らかに不利ですので、敷金はできるだけ払わないほうが良いかと思います。

敷金を捨ててもいいって人なら、立会の時に請求書にサインをしないでそのまま放置でもいいかもしれません。ほとんどの大家さんは裁判なんてやりませんから。

管理会社や大家さんが見たら、激怒しそうですけど、自己責任でお願いします! 敷金以上のものを払っていたら、引越しボンビーになっちゃいますからね(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です