引越し料金を安くするコツとは?人がいない時に引越しするだけ

引越し料金をお得にするコツはいくつかあります。 普通に考えてもらえればわかることですが、引越しの見積もりを比較したことがない人にはあまり馴染みがないのかなと思いましたので書きます。

  • 平日に引越しする
  • 暇な時期に引越しする(閑散期)
  • フリータイムで引越しする
  • 一括引越し見積もり

と、こんな感じです。

引越しの仕事が少ないときが狙い目

簡単に説明しますと、引越しをする人が少ない時期・時間帯で複数の引越し業者へ依頼を出す。ということです。 引越し業者も人件費がかかりますし、事務所代、車代など様々なお金がかかります。

まぁ会社を経営していく上で当たり前のことです。 ですので、お金(仕事)がほしいのです。

  • 「引越しする人が少ない時期だけど、社員の給料を払わなければいけない。」
  • 「安くてもいいから引越しをやろう!」

という感じですね。

大手業者は忙しいときにはバイトが半数以上?!

「大手引越し業者だと、引越しがたくさんある」と思われがちですが、実際はいろいろな工夫をしています。 大手引越し業者は、繁忙期の時にバイトを大量導入しています。

ですので、閑散期で必要な人数を社員として働かせているということが想像できると思います。

しかも、ブランド力がありますよね? 引越しのCMは繁忙期の時期が多くなっていますが、そもそもCMは大手しかできません(していません)ので、閑散期でも社員が少なければ、そこまで困らないと思います。 もちろん、仕事があるに越したことはないのですが、安いと言ってもそこまで安くないと思って下さい。

逆に、中小の引越し業者はCMなどできません。(予算がない?) ですので、安くてもいいので引越しをやりたいのです。

やらなければいけないと言ったほうが正しいかもしれません。 ですので、暇な時期は安くなります。

閑散期に引越し業者に仕事の取り合いをさせる

更に閑散期に一括見積もりをすることで、さらに業者同士で競い合います。

明らかに仕事が少ない時に引越しの依頼があったらどうしますか?普段10万円で引越しをしているけど5万円でも良いからお金(仕事)がほしいというのが社長さんの気持ちです。社員の給料とガソリン代などの費用が赤字にならなければ仕事をできるだけ欲しいのが閑散期です。

一括見積もりサイトで依頼することで、複数の業者との競い合いということは引越し業者にもわかります。そうなれば、普段の引越し料金の半額以下で引越しできます。 ですので、できれば繁忙期は避けて、閑散期に安く引越したいところですね!

繁忙期でも安いことがある

学校や会社の関係で引越しは繁忙期になってしまうことが多いでしょう。 それでも、繁忙期でも運が良ければ、暇な引越し業者がいる場合もあります。

また、平日のフリータイムを利用することで多少安くなります。 更に、時間に余裕を持って予約することで、安くなる可能性が高くなります。

「繁忙期なのに他社に負けて予約が入らない。」という中小の引越し業者はあります。それでも一括見積もりをしていないと、「いま繁忙期ですからね。」という営業トークから高い引越し料金を提示され、了承するしか無いという事態になることも考えられます。

安く引越したいなら、一括見積もりサイトを利用しなければ無理ですね!営業電話が面倒だと感じるなら、高いお金を支払って引越ししましょう!少しでも損したくないなら一括見積もりです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です