レンタルボックスは便利!近くにあれば倉庫として利用できる

引越しの時に、狭い部屋へ引越しする時や多すぎる荷物を一時的に預けるサービスがあったらいいな~って思ったことありますか?

大手の引越し業者だと荷物を預かるサービスがあるところもあります。 支店によって変わるかもしれません。

管理人が東京に住んでいた時に、引越し業者に荷物を預けたことがあります。 その時に保管されていた場所は松戸でした。 レンタルBOXみたいな感じで、コンテナを一つ借りていたという感じです。

そんなサービスが色んなところにあります。

引越し業者よりレンタルBOX(倉庫)のほうが近くて安い

レンタルBOXを知っていますか? レンタルルームともいいますが、要するに倉庫を貸してくれるというサービスです。 このレンタルBOXはコンテナタイプのものもありますし、普通の部屋みたいなところもあります。

また、バイク専用のレンタルBOXもありますね。 近ければ盗難防止の駐輪場として利用されているでしょうし、冬などの乗らない時期に入れていることもあるでしょう。

他にも、ダンボールを送って保管してもらうサービスもありました。 (どこの会社か忘れましたが、格安でした)
このレンタルBOXは料金も様々ですし、用途も様々ですが、一般的には倉庫代わりとして使う人が多いようです。 レジャー用品や冬服などの保管場所としても使っているようですね。

レンタルBOXの料金は?

レンタルBOXの料金は広ければ高いですし、狭ければ安く設定されています。 また、場所が一番料金に影響していると思います。

管理人が探した時ですが、東京都は高いですが、埼玉県は安いほうだと思います。 ですので、『土地代+広さ(大きさ)』が料金に比例しているでしょう。

荷物はどれぐらい入るのか?

レンタルBOXは1畳~貸しているところが多いと思います。(0,5畳もあったような…)
1畳と言われれば大体大きさはわかると思います。 1800mm×900mmです。 実際に荷物を積んでみるとわかると思います。 そこで、一番大切なのは“天上の高さ”です。

天上が高ければダンボールも高く詰めますし、スノーボードなどの長いものも、立てた状態で保管することも可能です。

天上が低いと長いものは斜めに保管することになりますので、余計に場所をとってしまいます。 ダンボールもあまり高く積めませんよね。

ですので、料金と広さ+高さもしっかりと見ておいたほうがいいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です