ゴミ出しのルールが自治体によって変わる!ルールを守って迷惑をかけない

ゴミの仕分け

引越しが完了して、まずはじめに確認しておきたいことは、ゴミ出しのルールです。 ゴミを出す曜日や時間はもちろんですが、燃えるゴミに出していいゴミとダメなゴミも大きく変わってきます。

東京都内では、空き缶やペットボトル以外は、ほぼ燃えるゴミに出して良かったです。 ゴミ焼却場の火力が強くて何でも燃えると聞いたことがあります。

しかし、東京感覚で埼玉や青森に住むと、ゴミを出す種類が細かくなってしまいます。 ゴミの出し方によっては、回収してもらえません。

それによってご近所トラブルにもなる可能性がありますので、きちんとルールを確認しましょう。 転入届けを出した時に、ゴミ出しのルールや地域のことが書いてあるパンフレットみたいなものをもらえるはずですからね。

ゴミ袋も指定されている物がある

たしか東京都内のゴミ袋は指定のゴミ袋だったと思います。 埼玉県では、透明の袋だったら何でもOKでした。ですので、埼玉では100均でゴミ袋を購入していましたね。

地域によって大きく変わりますので、そこも注意が必要ですね。 ゴミ袋代が回収料金ということでしょう。

透明の袋よりも高いので、ゴミをあまり出さないようになるかもしれませんね。

粗大ごみが無料?

粗大ごみって、捨てるのにお金がかかりますよね? たしか3辺が180cm以上のものです。1辺かも?自治体によって変わってくるので調べて下さいね。

高くても1,500円までだったので、そこまで高いとは思わなかったのですが、捨てるゴミが増えると意外とバカにならないですよね。

今まで管理人が住んできたところで、粗大ごみが無料の地域がありました。 埼玉県ふじみ野市です。(現在はわかりません。)

粗大ごみを出すときは、市役所の粗大ごみ係に電話して日時を指定するんです。 でも、ふじみ野市は、「◯曜日の朝9時までに、ゴミ捨て場に出しておいて下さい。」 これで終わりです!

普通のゴミ捨て場に置いておくだけで回収してくれるのです! ベッドとか捨てた記憶があります。埼玉県朝霞市に住んでいた時は、無料ではなくて1500円かかります。

そもそも粗大ごみを捨てたことがあまりなくて、埼玉県で利用していたくらいなのですが、無料って凄くないですか?

無料の地域が合ったらラッキーですね♪ (その前にゴミは減らしましょうって話ですが(笑))

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です