粗大ごみを捨てる方法とは?クリーンセンターに持ち込むと安いよ。

ゴミ収集車

粗大ごみの処分で注意しなければいけないことは、大きさが一定以上になると普通ごみで捨てることができない。ということです。

管理人は埼玉県朝霞市に住んでいた頃が、今までで一番、粗大ごみを捨てました。 ベッドからタンスまで全てです。

埼玉県朝霞市の粗大ごみになるものは、「一辺が50cm以上のもの」と決まっていました。 50cmを超えなければ、燃えるゴミや燃えないごみで出していいのです。

例えば、炊飯器とか電子ポットとか50cmを超えなければ何でもOKということになっていました。
※各市町村によってルールは変わるので、市町村のHPを確認しましょう。(村は入るのか・・・?)

粗大ごみを捨てるときは役所に連絡

捨てる方法も各市町村のHPを確認することが一番です。 ほとんどの場合、粗大ごみをゴミ捨て場まで回収しにきてもらうためには、事前に連絡をすることが必要だと思います。

埼玉県朝霞市の場合は、一回の連絡で粗大ごみ5個までしか出せなかったと思います。 6個以上出すときには、2回に分けなければいけなかったので、引越しギリギリに頼むと間に合わないこともあります。

大きいゴミ捨て場だったら、指定の日まで置きっぱなしでも問題ないかもしれませんが、基本的には当日の朝に出すようにしましょう
。 管理人は朝から早く仕事があるので、前日の夜に出していました。

料金は300円、600円、900円、1200円、1500円のどれかです。
大きさによって値段は変わります。
最大でも1500円なので、少数の場合は処分業者に頼むよりも全然お得です。 指定番号を書くようになっているので、勝手に捨てることはできません。

ちなみに、リサイクルショップは信用しないほうがいいかと思います。 ほとんど値段はつきませんからね。

管理人は、テレビなども捨てるため仕方なく利用しましたが、やっぱりお金がかかりましたので。 ちょっとの傷でいちゃもん?をつけてきて、値段がつかないと言われてしまいます。

テレビは粗大ごみとして出せないので仕方ないのですが、他は捨てたほうがいいということがほとんどかもしれません。

ポットやレンジなどの小さな電化製品は、「無料で持っていきます!」と言っていました。 今ごろ、売られて誰かが使っていることでしょう・・・。

クリーンセンターに持ち込む

量が多くても、ベッド一個でもクリーンセンターに持ち込んだほうが料金的には安いです。

クリーンセンターとは、各市町村でゴミの回収をして、ゴミを集めて仕分けなどをやっているところです。 ゴミの回収車が出発してくるところですね。

直接持って行くことで、「運搬費を安くしますよー!」ということだと思います。

集計方法は、粗大ごみや普通ごみなど、ゴミを載せた状態の車の重量を測ります。 その後、係員の指示に従って、各ゴミの場所へゴミを捨てていきます。(燃える、燃えない、粗大など) ゴミを捨て終わったら、再度、車の重量を測ります。

ゴミを捨てる前と捨てた後の重量差×料金=総額
ということになります。

ちなみに、管理人が行った、埼玉県朝霞市のクリーンセンターは家庭ごみで、10kgにつき60円でした。 合計で4000円くらい払ったような気がします。

これも各市町村で確認して下さい。 無料のところもありますので。

管理人が埼玉県ふじみ野市に住んでいた頃は粗大ごみを出すのは無料でした。
また、ゴミの日に出すだけだったので初めて聞いたときにはビックリしましたね。

クリーンセンター行くのに、「トラックを借りたほうがいいのかな?」と思うかもしれませんが、どっちでも良いと思います。

どんな車でもゴミの重量しか図りません。 まとめて持っていったほうが楽ですし、少しお得かもしれませんが、大した差ではないので、無理にお金をかけてトラックを借りるくらいなら、何往復かしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です