引越しの時に本はどのように梱包すればいいの?

本棚の本

引越しの荷造りは大変です。 そんな中でも断然、重たくて面倒なのが本。

引越しする人も引越し業者も重たいので、できれば運びたくない代物ですよね。

どうすれば、引越し業者さんにも苦労せずに運んでもらうことが出来るか? 管理人もマンガが大好きで、最近は減らしましたが、結構な量を持っていました。

引越しの時も大変ですが、運ぶのが一番面倒。 梱包するのはいいのですが、開封する時に移動するとなると重たくて面倒です。

管理人は男の子なので、多少の重たいものは大丈夫ですが、女性だけの引越しだと大変です。 ちょっとしたコツ&気配りで、あなたも引越し業者さんも楽に運ぶようにしましょう。

出来るだけ本の量は少なくする

引越し業者さんからダンボールをもらうと、大と小があると思います。 本は小の方に入れるようにしましょう。

大に入れると重たすぎて運ぶことが出来ません。
最悪の場合、本を出して下さいと言われることもありえますので、必ず小に入れて下さい。

本は小ダンボールのどれくらいまで入れていいの?

引越し業者さんにもありがたい、本の量は2/3くらいに抑えてくれることです。 小のダンボールだとしても、満杯に入れてしまうと重たくなってしまいます。
運べないことはありませんが、かなりの重労働になってしまいますので、できれば少なめにしておきましょう。

ちなみに管理人は、小ダンボール満杯にします(笑)
なぜなら、管理人は小ダンボール満杯でも2個重ねて持つことが出来るからです!

引越し業者さんに、「重たくて持てません…。」と言われても大丈夫。 「持てないなら僕が持ちますよー(´・ω・`)」と持ってあげるから。

結構プライド傷つけるかも知れませんが、僕が持てるので仕方ないかと(笑)

こんなドSっぷりを発揮していますが、あなたは優しくして下さい! 言われなくても優しいですよね。

ダンボールの隙間はダンボールに切れ込みを入れて無くす

本の量をダンボールの2/3に抑えると隙間が開いてしまいます。

隙間があると、本が横に揺られて角が曲がってしまったり、ダンボールを重ねた時に潰れてしまうこともあるかもしれません。 ですので、ダンボールの四隅に切れ目を入れて、キレイにたたんでしまいましょう。

イメージ的には、プレゼントを包装する時に折りたたむ感じです。 切れ目を入れないと、硬くて無理だと思いますので、本を切らないように慎重にしましょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です