リフォームや建て替えのときの仮住まいどうする?出費を抑える方法を探しました。

リフォーム

リフォームや建て替えが必要になるのは仕方がないことですね。
リフォームなら建て替えるよりも短期間で済むでしょうが、一時的に荷物を出してしまわなければいけないほどの大規模リフォームになると、建て替えとあまり変わらないかもしれません。

建て替えやリフォームで家を空けなければいけないときに、できるだけ費用を抑えたいというのは、多くの人の考えだと思います。
そこで、今回はできるだけ安くすませる方法を考えました。

仮住まい・荷物を預ける場所はどうする?

賃貸物件を契約する

仮住まいとして考えられるのが、賃貸物件を短期間借りるという方法です。
賃貸物件だと敷金礼金がかかってしまいますし、1年未満の解約では敷金が戻ってこないでしょうから、かなり大損になってしまいます。

荷物を一緒に運ぶことはできますが、節約するという意味では一番ダメなパターンですね!

マンスリー、ウィークリーマンションを契約

ほかには、月単位、週単位で借りることができる家具付き物件のマンスリーやウィークリーです。 荷物が少なければいいとは思いますが、決して安い金額ではないことをわかっておきましょう。

賃貸物件よりも家賃は高めになりますし、家族全員で済むような物件は少ないでしょう。
そもそも単身者向けに作られていることが多いですからね。 ちょっと現実的ではないかもしれません。

荷物の一時的な保管場所にトランクルームがかかる

賃貸物件でしたら荷物は一緒に運べますが、マンスリーやウィークリーだと荷物を持ち込むことはできないでしょう。 そうなるとトランクルームなどを借りておかなければいけません。
トランクルームも大きさによって値段が変わってきますが、3ヶ月程度借りるとなるとそこそこの出費になりますね。

建て替え・リフォーム中の仮住まいを一番安くできる方法はこれ!

まず荷物ですが、引越し業者さんの中で荷物を一時的に預かってくれるサービスを行っているところを探しましょう。 業者によって様々なのですが、大手引越し業者さんの中からいくつか紹介します。
あなたの街の中小の引越し業者さんも預かりサービスを行っているところはあると思いますので、無料一括査定で対応してくれる業者さんを探すのが一番手っ取り早いでしょう。

ヤマトホームコンビニエンス

仮住まいへの引越と新居への引越を行ってくれます。
付属のサービスとして保管サービスがあり、最大5ヶ月間預かっていただけます。また、不用品の引取も行っているので、いらないものを処分してもらうことも可能です。

ヤマトホームコンビニエンスはこちら

アート引越センター

引越し時に荷物を預かってくれるサービスがありますが、期間が短いため注意が必要です。
リフォームで短期間でOKということなら相談してみましょう。

アート引越センターはこちら

アリさんマークの引越社

自社管理していませんが、提携業者を紹介してくれます。紹介料などは発生しませんが、保管料が発生します。
また、自宅→保管場所→自宅の引越し料金がかかりますので注意しておきましょう。

アリさんマークの引越社はこちら

日本通運

短期間から長期間の預かりサービスがあります。
保管場所は、国土交通省認定のトランクルームを使用しているスーパートランクルームです(笑) 一番安全な場所なのかもしれませんが、頻繁に出し入れしたい荷物を預けることはできないので注意しましょう。

日本通運はこちら

サカイ引越センター

新築やリフォームの際に使用できる預かりサービスがあります。
荷物の量によって預かり料が変わってきますから、見積もりが必要になってきます。 預けた荷物は基本的に出し入れできないと考えておきましょう。

サカイ引越センターはこちら

上記が大手引越し業者さんの例です。
保管料は業者によって変わってきますから、いくつか見積もりを取って安いところを探したほうが良いでしょう。 また、デメリットとして、荷物の出し入れは基本的にはできないと考えておいて下さい。
新居ができるまで、リフォームが完成するまで使わない大型家電や家具などを預けるためのサービスだと割り切って利用しましょう。

仮住まいはどこで探す?

仮住まいは、家具付きで敷金礼金無しの物件を探すことができる「グッド・賃貸」がオススメです。
全国をカバーできていないので利用できない人もいるかもしれませんが、マンスリーなどとは違い、人数に合わせた物件を検索することができるようになっています。

都市部ではそこそこ物件数もカバーできているのですが、地方になると物件数が激減してしまうのが難点ですね。

⇒グッド・賃貸はこちら

管理人がオススメしたいのは、Airbnbです。
Airebnbとは、一日から部屋を借りることができるホテルのようなサービスです。

日本だけではなく、世界各国で空いている部屋を観光客などに貸しているサービスになっています。 個人の人が貸していることもあるサービスで、物件によっては格安で長期間借りることもできるようになっていますし、ワンルームからペンションまで様々な物件があります。
比較的田舎の方でも物件はありますので、ここが一番ではないかと思っています。

都心部になるとちょっと割高になるかもしれませんが、メールでのやりとりができますので、長期間借りることを伝えて安くしてもらうことも可能です。
※長期間とは1週間以上借りれば長期間と言っていいでしょう。基本的にホテルのような感覚なので、1泊や2泊のお客さんが多いようです。

⇒Airbnbはこちら

まとめ

Airbnbで仮住まい探して、荷物を引越し業者に預かってもらって、リフォームや新居ができるのを待つのが一番だと思います。
Airbnbを聞いたことが無い人はちょっと近寄りがたいかもしれませんが、管理人が住んでいる青森県の田舎の方でも物件は見つかったりするので、グッド・賃貸で部屋が見つからなかったらオススメです。

グッド・賃貸もAirbnbも似たようなサービスですので、あなたの街で良い方を選んでみて下さい。

ホテル住まいがしたい!って人は、引越し業者に荷物を預けてホテル暮らしも良いですよね。
お金に余裕があるなら全然OKでしょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です