女性一人で引越しするときの注意点とは?

女性の一人暮らし

女性一人の引越しで気をつけたいことは、引越し先で女性一人とバレないことです。
こんなことは言いたくありませんが、女性の一人暮らしはストーカーや変質者に狙われてしまうこともあります。 怖い世の中だこそ、対策をしておかなければいけません。

また、「引越し作業員も女性が良い。」という人もいるかと思います。

その辺りの対策についても、色々な方法を考えてみました。

隣近所に女性の一人暮らしだとバレにくくする

「遠くの親戚より近くの他人。」とはいうものの、近くの他人が信用出来ない人が増えてきてるような気がします。 一昔前ではなかったような事件が多発していますからね。

ですから、引越し時に出来るだけ女性一人ということをわかりにくくするためにちょっとした工夫をしましょう。

  • 男性と一緒に引越ししてくる
  • 男物の洗濯物を干す
  • 玄関にも男物の靴を置いておく
  • ご近所へのあいさつは、男性と一緒にいく

ありがちな対策だと思いますが、効果は抜群だと思います。

男物の洗濯物はよくある手ですが、玄関に男物の靴をおいている人は少ないと思います。
誰かが玄関に入ってきた時に、男性がいる雰囲気を出しておくこともいいと思いました。

また、ご近所へのあいさつは男性に行ってもらっても良いと思います。

あくまでも、「男性が引越ししてきたけど、女性もいるよ。」という感じにしておけば、事件に巻き込まれる可能性も低くなると思います。

引越し作業員も女性だけがいい

「引越し業者の作業員が男性じゃイヤ。」という人もいると思いますが、これはなかなか難しいと思っています。
引越しする人の多くは繁忙期に引越しすることになります。

そんな中でただでさえ少ない女性作業員を選ぶことが出来る可能性は低くなってしまいます。

基本的に作業員は2人1組です。

2人とも女性ということは難しいかもしれませんが、1人は女性ということは可能だと思います。
ただし、「女性の作業員を使っていますよ!」という宣伝を行っている引越し業者限定だと思って下さい。

引越し業界はきつい仕事なので、女性が働いていることは少ないです。

また、中小の引越し業者では女性作業員はほぼいないと考えておいたほうが良いと思います。

そうなると割高になってしまいますので、料金を安くしたいと思っている場合には、妥協すべきことかもしれません。

財布と相談してくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です