長距離の引越しはコンテナで運ぶことが多い?!

長距離の引越し

転勤や長期出張などで、引越ししなければいけない場合、お金はかかってしまいますが引越し業者に頼むしかありません。

長距離の引越しは、荷物を積めた当日に運んだとしても、その日に荷物が着くということはありえないでしょう。 引越し業者もそうですが、引越しするあなたも当日のうちに移動するのは難しいと思います。

ですので、中小の引越し業者は対応していないことが多いかと思います。
大手引越し業者だと、全国展開していますので、他県への引越しでも連携がしっかりしています。

  1. 荷物はコンテナに詰めて、移動はJRや飛行機などで移動。
  2. 引越し先の引越し業者の担当者があなたの引越し先に荷物を運ぶ。

このような流れが多いと思います。

比較する引越し業者が少ないと思いますが、だからこそ、出来る限り、複数の引越し業者さんに見積もりを出してもらって下さい。

言い値で引越しするほど無駄なことはありませんから。

 この記事に書かれている内容は…

長距離の引越しは10万円は軽く超える?

長距離の引越しは、一人暮らしの荷物でも、10万円を超えてくることがあります。

ちなみに、管理人が「東京→長崎」の引越し料金を調べたことがあります。 一人暮らしの引越し料金で、たしか12万円だったと思います。

正確に見積もりを出してもらったわけではありませんが、簡単なチェックだけでも10万円オーバーです。
これが4人家族になるとすれば、20万円は超えてくるでしょう。

コンテナの大きさと個数によって、料金は変わってくるとは思いますが、

  • 作業員の日当は2倍(2回分)
  • コンテナを運ぶ運賃
この2点がかかりますので、高くなるのは当然ですね。

家族が多くなればなるほど、荷物も増えてきますので、それだけ値段が高くなってきます。

ちなみに、管理人が引越のアルバイトをしていた時は、コンテナ2つが最高でした。

3LDKへの引越しで4人家族だったと思います。 値段はアルバイトなので知らないです。

コンテナは開けると分かるようにアルミの輪っかみたいな物を付けます。 荷物を載せた後に、あなたの目の前できちんと施錠します。

その後、荷物が到着してから、封が開けられていないことを確認してから引越しを始めるようになっています。

ですので、荷物が無くなるということは無いですし、中身を見られることもありません。

長距離は自分でやることは出来ないので、多くの引越し業者さんから見積もりを出してもらって下さいね。

まとめ

長距離の引越しは高くなるのは当たり前ですが、「東京→札幌」の引越しをした人が約7万円で引越しできたという人もいます。

管理人が「東京→長崎」を調べたときよりも最近の話になるので、引越し業者さんの経費削減がうまく行っているということでしょう。

その方は、一括見積もりを利用しているので、安く引越したいなら色んな引越し業者を探さなければいけないということですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です