運転免許証と車のナンバーの手続きは面倒だけど絶対にやろう!

免許証と車

免許証の変更は意外と簡単なのですが、車のナンバーの変更は結構面倒です。
行政書士や司法書士に代理で頼むこともありだと思います。

運転免許証の住所変更はやらないと、後々、面倒なことになるので、ほとんどの人がやると思いますが、車のナンバー変更は意外とやらない人が多いです。

ナンバー(管轄)が変更にならなければいいのですが、地域によっては変わりますので、これまた面倒なことになります。

管理人的には、時間をつぶすくらいなら、業者に頼むか、車検や乗替の時まで放置しておくかもしれませんね。
※放置は基本的にいけないことです!良い子は真似しちゃダメよ!

免許証の住所変更は管轄の警察署に行くだけ

免許証の住所変更は警察署に行くだけで、「住所が変わったよー。」というハンコを免許証の裏に記載してくれます。

必要な物は、

  • 運転免許証
  • 新住所の住民票
  • 印鑑

確か、これだけだったと思います。

一応、管轄の警察署に電話して聞いて下さいね。
もちろん、免許センターでも住所変更はできます。

車検証と車庫証明の変更とは?

管理人は面倒なので、たぶん業者に頼みます。でも、簡単に説明しておきます。

  • 車検証=管轄の陸運局
  • 車庫証明(自動車保管場所証明書)=管轄の警察署

陸運局と聞いただけで、嫌になりませんでした?

陸運局に行ったことがない人のほうが多いと思いますので、行政書士や車屋さんに頼んだほうが無難だと思います。

ちなみに、車庫証明(自動車保管場所証明書)は、2回警察署に出向かなければいけません。

必要書類を提出後、交付までに3日前後かかるので、もう一度警察署に出向くことになります。
手数料は2000~3000円です。軽は500円。

車検証の変更は車庫証明が発行されてからで

  • 自動車検査証
  • 車庫証明(自動車保管場所証明書)
  • 住民票
  • 印鑑

などが必要になります。
代理人に行って貰う場合には、委任状も必要になります。

確認してから行くこと

地域によっても多少、金額に差があったりしますし、準備するものも変更になることも考えられますので、行く前には電話して確認するようにして下さいね。

管轄の警察署と管轄の陸運局です。

「お前のせいで二度手間だったよ!」と言われても責任取れませんので(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です