冬の車中泊の注意点。死亡事例もあるので注意しましょう

冬に車中泊をしようと考えている人は、「朝一でパウダー滑っちゃうぞー!」という人や遠方から夜に車を走らせてスキー場へ向かって、一眠りするという人が多いでしょう。スキー場の駐車場は標高が高いので、雪が信じられないくらい積もる時もあります。車が埋まってしまうこともありますので、事前に対策を確認して、万が一のときにも対応できるようにしておきましょう。

冬の車中泊の注意点

一番の注意点ですが、車のエンジンを掛けたまま寝るのはダメです。雪が積もってマフラーが埋まってしまうと、排気ガスが小さな隙間から車の中に入ってきます。練炭自殺のように一酸化炭素中毒死になってしまいますので、車中泊をするときの基本はエンジンを止めるということです。

また、エンジンを掛けたまま運転席で寝ていたトラックのドライバーさんがいたそうです。寝たままアクセルを踏み続けてエンジンが萌えてしまったという事例もあります。車中泊というくらいなので運転席で寝ることはないかと思いますが、エンジンを切ることは忘れないようにしましょう。エンジンをかけっぱなしで寝るという場合でも、少しだけ窓を開けておくという対策をして置かなければいけません。

マフラーが埋まっても、窓があいていれば空気は入ってきますからね。しかし、豪雪地帯で窓以上に雪が積もった場合には一酸化炭素中毒になりますので、事前に天気を確認しておいたほうが良いでしょう。

エンジンを切った車内の室温は何度?

車中泊と言っても冬になれば、冷蔵庫よりも寒い状況になっています。特にスキー場などで泊まる場合には、標高が高く-10度くらいまで下がることも珍しくないので、車内もマイナスまで下がるでしょう。車を車中泊仕様にして断熱材などを入れているとすれば、マイナスにはならないかもしれませんが、そこまで装備を揃えている人がこの記事を読んでいるとは思えません(笑)。

冬の車中泊で絶対にあったほうがいい寒さグッズをいくつか紹介します。

寝袋

寝袋は対応温度が低ければ低いほど良いです。-15度にも対応している寝袋でも1つ4000円程度ですので、ケチらずに買っておきましょう。寝袋は車中泊だけではなく、震災などで避難所生活になったときにでも使うことができますので、良い物を買ったほうが良いでしょう。

マット・ベッドキット

本気で車中泊を何度もやろうと思っている人はベッドキットを購入したり、自作したりしてもいいかと思います。年に数回程度でしたら、マットを購入するだけでもOKでしょう。車のシートをフラットに倒しても凸凹になっているので、車中泊用のマットは必須アイテムです。無いよりあったほうが体の負担が楽になりますよ。

 

アルミマット

アルミマットは冷気をシャットアウトしてくれるので、寝袋やマットの下に敷いておくだけで寒さが和らぎます。

マルチシェード

車内の窓の目張りをしてくれるものですね。窓ガラスが冷えることで車内の温度もどんどん下がっていきますので、マルチシェードを付けておくことで車内の温度を保ちやすくなります。

ポータブル電源

電源は車中泊の一番の悩みどころです。車中泊仕様に改造している車でしたら電源がついているのは当然なのですが、外が暗くなると電気もなくなります。最低でも、LEDランプと携帯の充電くらいはできるように電源を用意しておいたほうが良いでしょう。暗かったらすぐ寝れるって人は良いですが、長ければ4,5時間は暇になってしまいますので、ピコピコできるように電源の確保は重要ですね。

雪で閉じ込められて出れなくなったときには?

寝ている間に降雪が50cmくらいあれば、ドアが開かなくなることはあるかもしれません。1mくらい降るような大寒波が襲ってきたときには完全に出れなくなっているでしょう。エンジンを掛けて窓を開けて出るしか方法はないでしょう。窓を開けて雪かきするしか方法はありません。

さすがに一晩で2m以上降るようなことは考えられませんが、もしそのような大寒波が来るという予報になっているのでしたら、道の駅などの人が多い場所で車中泊をするか、標高が低いところまで下がっていたほうがいいでしょう。

「JAFを呼べばいいや!」って思っている人は注意です。たくさんの人がJAFを頼っているのであなたのもとに来るのは何時間かかるでしょうか?車中泊は一歩間違えれば死ぬこともあります。天気の確認や車中泊用の寒さ対策は絶対にやっておかなければいけないことです。面倒ならヤメておきましょう!

まとめ

私はスノーボードが好きですので、遠方のスキー場へ夜行って、車中泊してみたいなぁと考えてはいるのですが、実際に行動したことがありません。マットを買ったり寝袋を買ったりと用意しなければいけませんし、そんなに頻繁に行かないだろうということでやっていません。

今年は、4月頭くらいにやってみようかなぁと考えていますけどね。真冬にやる勇気はありません(笑)

何やかんや揃えると、10万円くらいはかかってしまうかと思います。長期的に見るとホテル代よりも安くなるかと思います。やるなら安いものを購入するのではなく、しっかりと暖かくなるものを吟味して購入したほうが、快適に車中泊できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です