藤井 聡太棋士の影響でお子さんに将棋を教える人が急増中! スタディ将棋・9マス将棋は初心者にオススメ!

最近では、藤井聡太四段の連勝記録が伸び続けていることから、毎日ニュースで見たい日がないくらい大人気になっています。
将棋と言えば、おじさんがやるイメージがある人も多いかと思いますが、将棋のプロになるには色々な制限もありますし、基本的には子供の頃からやっている人しかプロにはなれないような世界です。

それでも将棋は、やればハマる面白いゲームですし、頭の運動にもなりますし、おじいちゃんになっても趣味として続けれる楽しいゲームです。

藤井聡太四段のおかげで、最近では将棋ブームが来ていて、お子さんに将棋を教える人が急増中のようです。
お子さんでも簡単にできる将棋をいくつか紹介したいと思います!

NEW スタディ将棋

いま一番売れている将棋の入門の書みたいなものです。
コマの動かし方などの説明書もついていますし、コマにも動かし方が書かれているので初心者でも間違えることがないので人気が急上昇しています。

一般的な将棋の駒では動かし方が書かれていないので、動かし方がわからなくて挫折しやすいお子さんでもすぐに覚えることができて良いですね!

 

スタディ将棋は楽天の方が安く販売されています。

 

9マス将棋

3×3の9マスでやる将棋なのですが、自分で配置を決めることができて、意外と奥が深い遊びになっているようです。
コマは通常の将棋と同じ動かし方をするので、将棋の基礎を知ることができますし、詰将棋の練習にもなるとのことで、お子さんの思考力をつけるということに役に立つと言われています。

9マスしかないので、コマを取って取られてという繰り返しなのでしょうが、戦略をねらなければ勝てないでしょうし、短い時間でサクッとできるのも人気の秘密です。

 

 

どうぶつしょうぎ

いつだったか忘れましたが流行っていたのがどうぶつしょうぎですね。
可愛い動物の絵柄がついている将棋で、4×3の12マス・コマ8枚で遊ぶという変わった将棋です。

子どもから大人まで楽しむことができるということで、一時期人気が出ていましたが、また最近人気が出てきているようです。

 

 

まとめ

管理人は、父親が将棋が好きで将棋盤を持っていたので、小学生の頃からちょくちょく将棋をやっていました。

将棋の良いところは、普通の王を取り合う将棋だけではなく、「はさみ将棋・将棋崩し・回り将棋・将棋倒し(ドミノ倒し)」などの遊びがありますので、難しいだけではなくて簡単に楽しめるのも良いですね。

はさみ将棋は簡単なルールですが、意外と戦略があったりしますし、考えなければすぐに負けてしまうので思考力を鍛えるという点では優秀な遊びでしょう。

昔だと将棋を持っている人は多かったのかもしれませんが、最近では少なくなっているでしょう。
藤井聡太四段の活躍で将棋ブームが来ているので、お子さんに将棋を教えてみてはいかがでしょうか?

今では、将棋盤を買わなくても、将棋のアプリはたくさん出ています。
スマホやタブレットは子どもには早いという人には、スタディ将棋や9マス将棋は将棋初心者にも取っ組みやすいのでオススメです。
9マス将棋は1000円ちょっとで購入できるので、ちょっと興味がある人は購入してみてくださいね!

ちなみに、お子さんと勝負してもあなたが勝つと思います。
勝ってばかりいると「将棋が楽しくない。」となってしまいますので、手加減してあげるようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です