<和歌山県>川湯温泉ってどんなところ? オリジナル露天風呂やきれいな夜景もあるよ!

川湯温泉の足湯

川湯温泉とは、和歌山県田辺市本宮町にある温泉です。
アクセスとしては南紀白浜空港から直通バスで140分程度で行くことができるほか、関西方面や名古屋方面からは、特急列車もしくは高速バスで紀伊田辺駅もしくは新宮駅まで乗車し、そこから直通バスで向かう事ができます。
自動車では阪和道の上富田ICを下車し、一般道を75分程度走行すると到着します。

一般道の走行時間や直通バスの乗車時間を考慮すると、川湯温泉は行きにくい場所のように感じますが、実際に行ってみると感動する事が多いです。
川湯温泉は川原を掘ればポコポコとお湯が湧く温泉で、自分だけのオリジナルの露天風呂を味わう事ができます
冬になれば仙人風呂というのも登場し、湯船につかりながら満点の星空と温泉街のあかりを楽しめる事が魅力です。
冬の時期しか仙人風呂は無いものの、夏場では川遊びをして冷えた体を温めるのに川湯温泉は最適です。

川湯温泉の近くの観光地として熊野古道が有名で、熊野本宮大社へは車で10分程度の場所にあります。
熊野古道といえばパワースポットとしても人気があり、初心者でも歩けるコースも存在します。
ウォーキングは健康にも良く、世界遺産にも登録されている熊野の散策も、川湯温泉に宿泊した時には理想です。

夜景の綺麗な場所では、長崎の稲佐山や神戸の麻耶山なども有名ですが、川湯温泉には夜景に加え自分で掘る珍しい温泉や、現地の食事に観光と良い部分が非常に多いです。
大都市からの場合は訪れるのは大変な部分がありますが、行く価値は十分にあります。
場所が遠い場合には道中に観光地を挟めば見聞も深まるのでおすすめです。

旅行というものは思い出を作りに行くもので、特に良い経験は帰ってきてから友達などに語り、忘れる事はほぼありません。
次は友達も誘って行きたくなる事もあります。
川湯温泉では冬の仙人風呂以外にも日によってイベントが行われる事があり、イベントとかちあうと混雑の恐れがありますが、いつもと違った経験ができるので、さらに楽しい思い出を作る事ができます。

川湯温泉 温泉民宿 大村屋

世界遺産・熊野古道、川原に沸くお湯、館内かけ流し・ほんまもんの温泉、歴史・自然いっぱい熊野は玉手箱。カードご利用OK♪

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯温泉1406-1

川湯温泉 亀屋旅館<和歌山県>

和風建築、掛流しの天然温泉、すべて手作りのお料理、家族的なおもてなし。“お湯よし、食よし、人よし”で心も体もリフレッシュ

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯1434

川湯温泉 山水館 川湯まつや

世界遺産・熊野古道に無料送迎の便利な宿。川湯温泉の源泉かけ流しの温泉。ルームチャージが基本のリーズナブルなホテルです。

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯29

川湯温泉 ペンション あしたの森

旅番組で紹介されたステーキが堪能できる宿。名物・川原の露天風呂がすぐ目の前。館内は一晩中つかえる、無料の貸切温泉風呂あり

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯1440-2

川湯温泉 山水館 川湯みどりや

今も昔も変らない熊野の大自然の中の宿。世界遺産「熊野古道」へ。毎朝8時、9時、10時熊野古道へ送迎あり!

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯13

川湯温泉 冨士屋

河原を掘ればお湯が湧く!世界遺産の熊野古道歩きのお疲れを、山野草いっぱいの館内でいやして下さい。

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯1452

川湯温泉 山水館 川湯きのくに(旧 木の国ホテル)

川湯きのくには平成27年新たにお客様方に愛される旅館作りの為に、5月吉日より当面の間、休館させて頂きます。

【住所】和歌山県田辺市本宮町川湯26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です