通勤手当が出ないのはブラック企業?会社の規定が優先?

通勤

「通勤手当が出ない!」「自家用車で営業しているけど、ガソリン代が出ない!」などなど、色々なお話がありますね。通勤手当が出ないところは早く辞めて転職した方がいいという人もいたりしますが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論からお話しますと、「通勤手当に法的義務はない。」です。

「会社が通勤手当を出しますよ!」と言っているところは出してくれます。しかし、「通勤手当は出しません。」というところは出さなくても良いのです。
法律で決まっていることなので、無理に出してもらうこともできませんので諦めるしか無いとしか言えません。
一般的には多くの会社が規定内の交通費を出しているところが多いので当たり前と勘違いしている人も多いのですが、出さなくてもいいので、出さないからブラック企業というわけではありません。

なぜ通勤手当を出してくれるのか?

そもそも通勤手当を出してくれるのはなぜなのか?ということを考えてみましょう。
察しが良いあなたでしたらおわかりかと思いますが、税金対策の一面もあります。
上限はありますが、経費として計上できますので会社が税金を支払うくらいなら、社員の通勤手当を出してあげようと思うのは当たり前ですよね。

通勤手当に関しては上限があるものの非課税ですから、通勤手当をもらっている社員さんもうれしいですね。

車通勤の場合には非課税の対象が大きく変わってしまいます。
2km未満の距離だと課税対象になってしまいます。
交通機関を利用している場合には、上限10万円まで非課税なので、多くの会社が電車やバスに関しては全額出してくれるところが多いのではないでしょうか。

通勤手当を出さない会社はブラック企業?

初めに説明しましたが、通勤手当は義務ではなく会社のやさしさなので、通勤手当を出さない会社があってもおかしくはありません。
たまに、「通勤手当が出ないからブラック企業だ!」と言ってしまう人も見かけますが、会社の方針なので仕方がないと考えるしか無いのです。

最近良く耳にするのが、「トラック業界の高速料金は自己負担。」というのを聞きますね。
これも会社の規定で決めているものなので、法的には違反していませんからブラック企業ではないのです。

通勤手当は会社が決める金額をもらえるh2>

通勤手当の上限などは各会社によって異なりますが、基本的には会社の賃金規定にそって支払われます。
「賃金規定が上限1万円まで」となっていれば、1万5千円かかっていても1万円までしかもらうことができません。
ですので、納得できなければ、1万円以下の距離へ引越しするか、あなたが自己負担するしか無いのです。

更に細かい話をすると、雇用契約書で「あなたの通勤手当は全額負担します。」となっている場合、賃金規定が上限1万円となっていても、1万5千円の通勤手当をもらうことができます。
会社の規定よりも個人の契約のほうが優先されるのです。このパターンは、ほぼ無いとは思いますが。

通勤手当の上限までもらえるんでしょ?

極端な話ですが、徒歩や自転車で通勤しているのに、通勤手当を請求した場合。あなたが違法になってしまいます。
定期代を返せと言われたら返さなければいけないので注意して下さい。
当たり前ですが、詐欺ですよね。

通勤手当が出ないなら転職する?

「通勤手当が出ないなら転職・内定を断る。」という人もいるのは事実です。
通勤手当が当たり前だと思っていた人にとってはありえないことでしょうし、実際、毎月1万円でも交通費がかかってしまえば結構大きいですからね。

特に土木建築関係の小さい会社では通勤手当が無いことが多いように感じます。
そもそも、社員でもなく日雇いみたいな使われ方をしている会社では通勤手当というよりも社会保険すら入っていないくらいですから仕方がないと言えばそれまでです。
その分、日当で多めに支払われているような気はしますが、出費を考えるとあまり大きな変化は無いのかもしれませんね。

あなたが納得できなかったり、モヤモヤした気分になるくらいでしたら、キッパリ転職することをおすすめします。
わだかまりがあるとお互いにいい関係が築けないですからね。

通勤手当が出ないから近くに引越しする

転職もいいですが、今やっている仕事や職場が大好きで働きやすい環境でしたら、近くに引越すのもいいでしょう。
「引越すのにもお金かかるじゃん。」って声もあるかと思いますが、交通費が高くなっているということは、それだけ時間もかかっているということです。
通勤時間を短縮させた分、あなたの能力を上げるための勉強する時間に当てたり、極端な話バイトしてお金を稼げば、通勤のストレスもなくなっていい事だらけではないでしょうか。

通勤時間が片道1時間以上かかってしまいますと、毎日2時間かけているということです。
帰りは電車の時間が合わずに、もっと時間がかかっていると思います。
その時間の損失は大きいと思いませんか?私が以前、電車通勤をしていたときには、「行き1時間、帰り1時間半~2時間」かかっていました。
帰りはなぜか時間がかかってしまいませんか?
この時間をもっと別のことに使えば、あなたの成長にもなると思います。

満員電車はストレスも溜まりますし、気力も持って行かれます。
今すぐ引越すのは無理かもしれませんが、通勤時間を減らすということも頭に入れておいたほうが良いでしょう。

まとめ

通勤に毎日2時間半かかっていたのが、30分に減ったとします。
毎日2時間の時間が空けば何ができますか?
例えば、空いた時間に毎日2時間本を読む。
あなたのスキルアップのための勉強する時間に当てる。
これだけで、1週間で10時間。1ヶ月40時間。1年で約480時間勉強することができます。

あなたのライバルでもある同僚より、480時間勉強していれば負けないと思いませんか?
時間は大切にということはこういうことだと思います。少しずつの積み重ねが1年後、5年後、10年後に大きな差となって出てきます。

出世している人や一般的に成功していると言われている人は、人よりも多く勉強していますし、目標達成のためにやらなければいけないことを毎日コツコツやっています。
その差はすぐには見えませんが、気がつくと大きな差になっています。あなたは差をつけますか?差をつけられますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です