宅配クリーニング

手袋は冬の終わりに宅配クリーニングへ!キレイに保つカンタンお手入れを紹介します

冬の手先が冷える日に、重宝される「手袋」。

寒さを激減してくれるばかりでなく、

手先を彩るファッションアイテムとしても万能な防寒具ですが、

洗う方法が分からず、使い古してしまうたびに新しい手袋を買っている…

なんて方も多いのではないでしょうか?

今回は、手袋を毎年使い捨ててしまうなんてことがないよう、

宅配クリーニングを利用しながら快適に手袋を使い続けられるお手入れ方法を紹介します!

 

手袋は「宅配クリーニング」がオススメ!

小物である分、なんとか自宅でキレイに出来ないか?と思ってしまいがちですが、

手袋をご自宅で洗濯するのはオススメできません!

自宅で洗濯するデメリットとしては、

  • 素材の種類が多く、素人では洗濯可能か判断しづらい
  • 洗濯機での洗濯は基本的にできない
  • 手洗いができても色落ちなどのトラブルのリスクが発生する
  • 準備や工程に丸一日かそれ以上かかる
  • 自宅での洗濯では汚れが落ちきらず、ニオイが取れない可能性がある

などが挙げられます!

そこで私がオススメする宅配クリーニングですが、

「どういったサービスなの?」「なにがメリットなの?」

と、分からないことが多く不安ですよね。

そこで、宅配クリーニングについてご紹介します。

宅配クリーニングって?

手袋に関わらず、宅配クリーニングについてご紹介します!

宅配クリーニングとは、店舗にわざわざアイテムを持って向かう必要がなく、

利用者のご自宅までクリーニングしたいアイテムを集荷してくれ、

更にキレイになったアイテムを配達までしてくれるサービスです。

メリット

自宅での洗濯ではなくクリーニングに出すだけでも時短に繋がりますが、

より消費者の利便性に追求した画期的なサービスである宅配クリーニング。

前述の通り、わざわざ自宅を出ることなくクリーニング出来るという点や、

全国どこからでもネットから自分に合ったクリーニング業者を探せる点

24時間いつでも注文できるので忙しい方でも簡単に利用できる点が最大のメリット!

更に手袋のようなシーズンもののアイテムは、

店舗型のクリーニングにはないオプションの一つである「保管サービス」などの、

使わない間は宅配クリーニング会社に保管してもらえるなんていうサービスが充実していたりと、

利用をすれば更に快適に繋がるオプションもあるんです。

デメリット

デメリットは送料がかかる可能性がある点と、納期に注意しないといけない点。

納期に関しては店舗型も同じ不安はありますが、

送料は宅配クリーニングならではのデメリットですね。

こちらは、送料をなくすため規定の値段まで預ける品数を増やすなど、

個々のニーズに合わせて工夫していく方法でカバーしましょう。

手袋クリーニングの相場

クリーニングする際一番気になるのがその値段。

手袋を宅配クリーニングに出すとかかる値段の相場は、

ニット素材をはじめとした一般素材の場合、500円〜1,500円と比較的安価でした!

革やカシミヤなど特別な素材を扱った手袋は業者によりまちまちでしたが、

大体2,000円〜3,000円ほどでした。

手袋を預ける頻度やタイミング

冬の終わりに一度預けるのがちょうどいいと思います。

手袋は思いの外バイキンが多く、本来洋服のように使ったら洗いたいアイテムですが、

冬の間は「キレイに保つためのお手入れ」を施しながら、

あたたかくなった頃にクリーニングに出しましょう。

まだ使うかもしれない時にクリーニングに預けてしまうと、

年末は特に納期が長い場合があるので注意が必要です!

手袋を預ける際に利用したいサービス

防虫加工・汗抜き加工を施している業者があります。

冬の間はひっぱりだこですが、シーズンが終わると引き出しの奥に眠りがちな手袋。

新しく来た冬の始まりに気持ちよく使えるように、

「使っていない間のお手入れ」まで宅配クリーニングのオプションで叶えられますよ!

 

オススメの宅配クリーニング

手袋クリーニング可能な業者が多数存在する中でも、

良心的な値段かつメリットの高い宅配クリーニング業者を2つご紹介します。

白洋舎

多数アイテムのクリーニングを受け付けている業者の一つである白洋舎。

一般的な手袋(革や高級素材でないもの)は、

手袋を取り扱っている宅配クリーニングでは最安価の税込550円で預けられます。

デリケートな素材はプラス料金になりますが、それでも税込1,540円とリーズナブル!

更には撥水加工や汗すっきり加工などのオプションも充実していて、

一般的な手袋を預けたい方も、高級な素材の手袋を任せたい方も、

いろんなニーズに合わせて選択することができますよ。

 

白洋舎のらくらく宅配便

 

リネット

こちらも多数アイテムのクリーニングを受け付けているリネット。

手袋を預けるにあたってのメリットは、値段の安さと、オプションの豊富さにあります。

一般的な手袋(革や高級素材でないもの)は、税込1,078円でキレイにして貰えます!

また、お手持ちの手袋の汚れ具合によっては、通常のコースの他に、

「贅沢手仕上げコース」といった便利なものもあり、

よりご自身に合ったお手入れをして貰えますよ!

 

クリーニングは宅配でらくちん♪「リネット」

 

手袋をキレイに保つためのカンタンお手入れ

宅配クリーニングに預ければ安心ではありますが、

ここではちょっとしたコツで冬の間は毎日お世話になる手袋を、

より長く愛用するためのケアをご紹介します!

放置しがちな手袋のお手入れ、毎年ルーティン化させてキレイを保ちましょう!

こまめに除菌・消毒

今のご時世、特に気になる雑菌。

1シーズンの間洗濯できない手袋はこまめに除菌すれば衛生面はひとまず安心です!

消臭スプレーをかける

気になるニオイは、普段家具や衣類にかけている消臭スプレーでケアしましょう。

直接かけると劣化に繋がるので、空気にふんわりと噴出して下さいね。

ブラッシング

毛玉の気になるような素材ならブラシで優しく擦りましょう。

穴が開きにくくなったりなどの利点がありますよ。

キレイな手袋に防水スプレーをかける

新品の手袋や、キレイな状態の手袋には防水スプレーがオススメ!

雨や雪などの悪天候や、水気の多い外出先でも気兼ねなく使用でき、

なおかつ単純な汚れ防止にも直結します。

ただし汚れている手袋に使用すると、汚れが定着してしまうので、

くれぐれも新品か、キレイに手入れされた状態の手袋に使用して下さいね。

数種類の手袋を使い回す

お気に入りの手袋はその使用頻度から手によく馴染み使いやすいですが、

ずっと一つを使い続けるのは劣化を早めてしまいます。

数種類の手袋を用意し、天候や移動手段、使う場所や時間、

当日のファッションに合わせてローテーションすれば、

選ぶ楽しみも増えて一石二鳥ですね!

シーズンの終わりに宅配クリーニングに出す

ここで重要なポイントですね!

普段からこまめなメンテナンスをし、最大限汚れを防いだあとは、

1シーズンかけて蓄積した汚れをキレイさっぱりクリーニングしてもらい、

来冬に備えて保管しておきましょう!

店舗に向かう必要もなく、より手間がなくなって快適に預ける事ができ、

負担が減るだけで毎年のルーティンが確立していきますよ!

 

まとめ

見た目よりも汚れているのに、なかなか手入れが行き届きにくい手袋。

せっかく気に入って購入したものなのに、

使いものにならなくなって捨てるのは悲しいですよね。

そうならないためにも手袋は、除菌や防水スプレーなどのケアをしたり、

複数の手袋を使いまわしにしたりと工夫したあと、

シーズンの終わりに宅配クリーニングに預ければ、来冬が楽しみになるはず!

清潔で暖かい手袋におもいきり顔を埋めて、寒い冬を乗り切りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)