宅配クリーニング

本革もフェイクも!大切なレザーを宅配クリーニングを活用して長持ちさせよう!

レザー クリーニング

高級感のある素材が人気のレザーですが、ケアや保管場所に迷ったことはありませんか?

ケアせずに放置しておくと、あっという間に傷んでしまうのがレザーです。

カビが生えることだってあるんですよ。

そこで今回は、レザーアイテムのケアや保管の方法についてお伝えしていきますね。

 

レザーにもいろいろある?

レザーには様々な種類があります。

それぞれの特徴を知った上でケアを考えていきましょう。

リアルレザーとは

本物の動物の皮を永く保つように加工して作られたもので、本革や天然皮革も同じ意味で使われています。

丈夫で使いやすい牛革が一般的ですが、ワニや豚など種類により質感や強度などが異なり、種類は様々です。

リアルレザーは、使えば使うほど味が出てくることが良さですが、動物愛護の視点から反対する声もあがっています。

また、高価なことが特徴です。

フェイクレザーとは

合成皮革のことです。

名前 フェイクレザー(合成皮革) レザー
種類 PUレザー PVCレザー
表面の素材 ポリウレタン樹脂 塩化ビニル樹脂

上記の表の様に、材料に違いがありますが、最近ではどちらもフェイクレザーと表記される場合が増えてきています。

フェイクレザーのメリットはリーズナブルであり、お手入れも簡単なので普段着にするのにベストです。

動物愛護の観点からもあえてフェイクレザーを選ぶ方も多いです。

ただ、リアルレザーは寿命が10年と言われているところ、フェイクレザーの寿命は3年ほどと消耗品であるというデメリットもあります。

エコレザーとは

エコレザーは、本革を使用していますが、リアルレザーを加工した際に出た切れ端を、天然素材や樹脂などと混ぜて作られたものです。

フェイクレザーよりも、リアルレザーに近いものになりますが、本革の切れ端を使用し、環境に優しいものになります。

また、フェイクレザー同様、樹脂などを混ぜて作るため、混ぜる原材料により、異なる質感や色味をつくることができます。

しかし、混ぜる原材料によっては、リアルレザーよりも経年劣化がみられる場合があります。

また、エコレザーはいくつかの条件を満たさないと認定されないようです。

日本エコレザー基準認定事業

 

おしゃれなレザーはデリケート

様々な種類があり、おしゃれを楽しめるレザーですが、デリケートなため、しっかりケアをしていく必要があります。

リアルレザーの注意点

本物の動物の革を永く保つように加工しているため、耐水性が弱く、革自体がカビのエサとなり、湿気があれば繁殖してしまいます。

また、徐々に水分や栄養分が抜けていきますので、乾燥し着たときのごわつきやひび割れが気になるようになります。

そのため、日常的なケアが必要になります。

フェイクレザーの注意点

上記で説明したように、フェイクレザーは原料が樹脂のため、空気中の水分に触れることで化学反応(加水分解)がおき、ひび割れやごわつきが気になるようになります。

耐水性が強いとされているのがフェイクレザーですが、経年劣化を少しでも防ぐためには日常的なケアが必要になります。

エコレザーの注意点

エコレザーは天然皮革や樹脂を使用しているため、リアルレザーとフェイクレザー、両方の注意が必要になります。

リアルレザーよりは安価ですが、ケアには時間がかかります。

 

自宅でお手入れするなら

自宅でお手入れする方法もあります。

リアルレザーのお手入れ

  1. 濡れたタオルで汚れを取る
  2. 落ちない汚れをブラシで擦る
  3. 日陰干しする
  4. レザー用保湿剤を塗る
  5. 手でもみ洗いをする
  6. すすぎを2〜3回行う
  7. バスタオルを使用し脱水する
  8. 日陰干しする
  9. レザー用保湿剤を塗布

リアルレザーは干す工程が2回あるので、洗濯に丸一日かかってしまいます。

フェイクレザーのお手入れ

  1. 桶の中に水とおしゃれ着用洗剤をいれる
  2. 柔らかい布を①で濡らす
  3. 固く絞った②で全体をよく拭く
  4. 洗剤が残らないよう、綺麗な水で濡らした布で数回拭く
  5. 柔らかい布で水分を拭き取る
  6. 日陰干しする

 

エコレザーのお手入れ

  1. 濡れたタオルで汚れを取る
  2. 落ちない汚れをブラシで擦る
  3. 日陰干しする
  4. レザー用保湿剤を塗る
  5. 手でもみ洗いをする
  6. すすぎを2〜3回行う
  7. バスタオルを使用し脱水する
  8. 日陰干しする
  9. レザー用保湿剤を塗布

リアルレザーと同様のケアが必要になるため、エコレザーもケアには一日ほどかかります。

リアルレザーやエコレザーに比べると、フェイクレザーの方が作業工程が少ないですが、どちらも手間と時間がかかりますよね。

そこでおすすめなのが、宅配クリーニングです。

ケアが難しいレザーは宅配クリーニングを活用しよう!

宅配クリーニング

革専門クリーニング

革専門の宅配クリーニング店にお任せすることだって可能です。

こちらは、80年以上革製品の制作・販売・修理をしてきた「KADOYA」が始めた宅配クリーニングです。

ドライクリーニングが主流の革製品を、革専用特殊ソープを使用し水洗いまでしてくれます。

お値段も8,800円〜、とリーズナブルです。

 

革専門クリーニング「リフレザー」|Ref Leather Produced by …

 

保管までしてくれるクリーニング店

次に使用するまでの保管場所に困る場合には、お預かりをしてくれクリーニング店もあります。

  • 1枚〜、クリーニング可能
  • 安心保証あり
  • 最短2日でお届け可能
  • 7,700円〜、とリーズナブル
  • 5点〜、最長8ヶ月のお預かりが可能

と、おすすめポイントがたくさんあります。

プレミアムな仕上がりをご体験ください【リネット保管】

まとめ

  • リアルレザーは本物の革、フェイクレザーとは人工革のことで、エコレザーは両方を混ぜた素材で環境に配慮し作られている
  • レザーは、カビやひび割れなどのトラブルが発生しやすい
  • 自宅での洗濯や保管や手間や時間がかかるので、宅配クリーニングがおすすめ
  • 宅配クリーニングは、自宅にいるだけで対応できる
  • 専門性やクリーニング後の保管の可否など、自分にあった業者を選ぶことができる。

お気に入りのレザーが、しっかりとケア・保管できずに駄目になってしまっては、悲しいですよね。

自分で難しい場合はプロに任せてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)