宅配クリーニング

汚れをしっかり落とすなら水洗い!水洗いのおすすめ宅配クリーニング3選

宅配クリーニング 水洗い

クリーニングには、ドライクリーニングと水洗いというものがあるのをご存知ですか?

クリーニングには、ドライクリーニングと水洗いというものがあり、服や汚れによって洗い方が異なることや

洗い方を間違えることで服を傷めてしまうことがあります。

クリーニングの主流はドライクリーニングでしたが、最近は水洗いを行う業者も増えてきました。

ドライクリーニングと水洗い、どのような違いがあるのか、水洗いを行っている業者はどこなのか、

また、それぞれのメリット・デメリットも交えてお話していきます。

 

ドライクリーニングと水洗いの違い

ドライクリーニングと水洗い、聞いたことはあるけど詳しくは良くわかりませんよね。

私も調べるまでそうだったので、それぞれ説明していきたいと思います。

ドライクリーニングって何?

ドライクリーニングとは、水を使用せずに「有機溶剤」というものを使用したクリーニング方法です。

有機溶剤とは、主に石油などの油を原料にした様々なものを溶かす液体です。

料理の油、化粧品の汚れなど、日常生活の中には油溶性の汚れが多くありますが、水は油に弱く汚れを弾いてしまうため有機溶剤が必要です。

ドライクリーニングのメリット

  • 油溶性の汚れに強い
  • スーツやジャケットの型崩れを防止できる
  • 色落ちや縮み防止しシルクやカシミア等の風合いが保てる

といったものがあります。

水を使用しないため、型崩れや色落ち等を起こさず、大切な服を傷めずにクリーニングできることが最大のメリットになります。

ドライクリーニングのデメリット

油溶性の汚れに強いドライクリーニングですが多くの汚れは油溶性の汚れと水溶性の汚れが合わさっているため、

水溶性の汚れに弱いドライクリーニングでは、水溶性の汚れが残ってしまうというデメリットがあります。

家庭用洗濯機のドライコースとは違うの?

家庭用洗濯機にあるドライコースは、ドライクリーニングとはまったくの別物です。

まず、ドライクリーニングで使用する有機溶剤は、資格を有するクリーニングのプロしか使用することができません。

ドライコースとは、通常の洗濯に比べ、少量の水、少ない洗濯機の動きで優しく服を洗濯するコースのことで、

ドライクリーニングのように、全く水を使用しないという洗い方ではありません。

そのため、「手洗い」「ソフト」などメーカーによって、ドライコースとは異なる表記がされている場合もあります。

水洗いの方法とは?

水洗いとは、耐水性のある服をそれぞれの汚れに適した、石鹸・洗剤・漂白剤などを使用し水で洗い、その後ドライクリーニングを行うことを言います。

水、と名称がついていますが、実際には汚れが落ちやすい40~60度のお湯を使用してクリーニングします。

水洗いのメリット

汗汚れや珈琲などのシミ、たばこの臭いなどの水溶性の汚れを落としたあと、落ち切らなかった油溶性の汚れをドライクリーニングで落とします。

水溶性の汚れに強い水洗いと、油溶性の汚れに強いドライクリーニングの両方を行うことで、

日常生活の中でついてしまう大半の汚れを落とせるんです!

ドライクリーニングだけでは落としきれない水溶性の汚れを落とし、日常生活の大半の汚れを落としきることができる、

これが水洗いが主流になった理由ですね。

水洗いのデメリット

大半の汚れを落とすことができる水洗いですが、水で洗うため型崩れや色落ち、

縮みなど服が傷みやすいといったデメリットがあり、大切な服を洗うのには適さない面があります。

 

ドライクリーニング表記の服は水洗いできないの?

「ドライクリーニングの方が服に優しいことは分かってるけど、しっかり汚れを落としたい!」

そう思ったりするのは私だけでしょうか?

しかし、ドライクリーニング表記の服を水洗いするのは避けたほうがよさそうです。

ドライクリーニング表記のものを水洗いするには、型崩れや色落ち、縮みといったリスクを伴うため、高い技術が必要になります。

汚してしまった大切な服、決死の思いで水洗いクリーニングに出したら服が綺麗になるどころか傷んでしまった、

なんてことになったら本当に悲しいですよね。

そこで今回は、衣類を傷めず水洗いをしてくれる宅配クリーニング業者を紹介していきます。

 

水洗いがおすすめの宅配クリーニング3選

冒頭でもお伝えしたように最近では水洗いを行っている宅配クリーニング業者が増えてきました。

その中でも特にお勧めする宅配クリーニング3店をご紹介していきます。

ダブルウォッシュ加工で汚れをしっかり落とすネクシー

ネクシーでは、ドライ溶剤を使用するドライクリーニングと、水と洗剤を使用する水洗いで

油溶性の汚れと水溶性の汚れを徹底的に落としきるダブルウォッシュ加工を行っています。

こちらはオプションになるため、1着あたり1,430円~、のプラス料金がかかってしまいますが、汚れの強い服におすすめです。

ネクシーは、老舗80年の技術で最大15種類ほどの洗いに分類し、仕上げを丁寧に行っているため、

預けた日からお届けまで6~11日と他店よりも時間がかかり、スーツ上下759円~、コート1,870円~、ほどかかります。

ダブルウォッシュ加工をつけると、この価格にオプション代がかかるということですね。

しかし、

月額220円で、クリーニング料金10%オフやワンランク上のサービスがついてくるなどの特典もあります。

仕事柄服が汚れやすい、子供が汚してくる服の汚れが取れない、という方はネクシーに頼んでみてはいかがでしょうか?

【ネクシー】宅配クリーニング

ドライクリーニングも水洗いでワンランク上の仕上がりになるキレイナ

ドライクリーニング表記の服を水洗いで丁寧に洗う、という知識と手間が必要なクリーニングを行っているのがキレイナです。

上記で、水洗いとドライクリーニングは二つでワンセットという説明をしましたが、キレイナではドライクリーニングは行いません。

本来のきれいな状態と風合いを取り戻すため、特殊な技術を用い繊維製品の水洗いを行う「ウエットクリーニング」を行うことで、

水洗いのみで汚れを落とし、ドライクリーニングでは手に入らない肌触りの良さ、軽さ、匂い、圧倒的な綺麗さを出します。

ジャケット4,400円、コート7,700円と高めの価格ではありますが、オプションではなくどの服も水洗いのため追加料金はかかりませんし、

1着毎にカルテを作るオーダークリーニングで丁寧に仕上げてくれるため、大切な服をいつまでも新品のように着ることができます。

 

クリーニング店で断られた高級ブランド、取れないと言われた「シミ」。洋服のメンテナンスでお困りごとは「キレイナ」まで。

 

クリーニング業界初の技術でドライクリーニングも水洗いのワードローブトリートメント

一客毎・一着毎のオーダーメイドクリーニングを行っているワードローブトリートメントでは、

クリーニング業界初のドライマークも水洗いの「汗抜き水洗いクリーニング」を行っています。

くすみや臭いの原因となる目には見えない無色透明な汚れまでしっかりと洗い落し、素材に応じた専用加工剤で新品同様の風合いを再現します。

ジャケット5,390円、コート7,810円と高めの価格設定ではありますが、「どんな服でもNOといわない」ことを誇りに、

他店に断られた服のクリーニングや他店で崩れてしまったシルエットの復元など、技術の高いクリーニングを行っています。

汚れてから時間が経ってしまった。

他店でクリーニングをお願いしたけど綺麗にならなかった。など、

諦める前に一度ワードローブトリートメントにお願いすると綺麗になるかもしれませんよ。

 

オーダーメイド宅配クリーニング【ワードローブトリートメント】

 

まとめ

油溶性・水溶性どちらの汚れもしっかり落とすためには、水洗いもしてくれるサービスを利用するのがおすすめです!

ドライ表記の服を水洗いするには技術が必要ですが、服に合わせたクリーニングをお願いできることが宅配クリーニングの魅力です。

ぜひ一度試してみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)