美容・健康

あなたのパックは期限内⁈美容パックにも使用期限が!過ぎた場合の活用法とは

いつからあるかわからないフェイスパック、あなたの家にはありませんか?

お土産や試供品でもらったり、セールでの大量購入などで、使わずに保管してあるパックって意外とありますよね。

パックにも実は使用期限があるんです。

ここではパックの使用期限や保管方法、期限が切れた場合の使用法などを紹介していきます。

フェイスパックの使用期限

いつからあるかわからないパック、使えるか気になって期限を見てみたけどどこにも載ってない!

という経験ありませんか?

日本で作られたフェイスパックには使用期限が記載されていないものがほとんどです。

「じゃあ一生使えるじゃん!」と思ったら大間違い。

記載されていないだけで、使用期限の目安があるんです。

未開封のパック

未開封の場合、パックの使用期限は製造日から3年と言われています。

法律によって「適切な保存条件で3年以内に性状及び品質が変化するおそれのある化粧品」以外は使用期限の記載が定められていません。

なので、期限の記載がないパックは3年の使用期限があるということになります。

もちろん、使用期限の記載があるパックもあるので、しっかり確認してくださいね。

開封後のパック

未開封のパックは3年持ちますが、開封後のパックとなると話は別です。

頻繁にパックをする場合は、コスパがいい大容量のものを購入することが多いのではないでしょうか?

一度開封したフェイスパックは、1ヶ月以内に使用するのがいいと言われています。

30枚入りのパックが多いのは1ヶ月で使い切れるようにということなんですね。

開封すると空気に触れて酸化や乾燥が進むだけでなく、パックを取る際に雑菌が入って、時間が経つにつれて繁殖してしまします。

特に袋入りのチャックタイプのものだと、パックを1枚取り出す際に、どうしても他のパックに手が触れてしまうため、雑菌が繁殖しやすいです。

ボックスタイプのものも、チャックタイプのものも、専用のピンセットなどを使って取ったり、毎回きっちり封を閉じるなど、

気を遣いながら、出来るだけ早めに使い切るようにしましょう。

ミニピンセットがついている衛生的なものを購入するのも一つの手ですね。

保管方法

使用期限は適切な保存条件が満たされていることが前提で設定されている期限です。

フェイスパックの適切な保存条件とは、直射日光が当たらず、温度変化が少ない冷暗所での常温(15〜25度程度)保存が基本となります。

熱や紫外線の影響で劣化してしまうので、棚や引き出しの中に保管するようにしたほうがいいですね。

その際、立てて保管するとシートに含まれる美容液にムラが出てしまうので、寝かせて保管する方がおすすめですよ。

冷蔵庫での保管は?

高温で保管するのが良くないことは何となく想像がつきますが、冷蔵庫などで保存するのはどうでしょう。

お風呂上がりに冷蔵庫で冷やしておいたパックを肌に乗せると毛穴が引き締まり、ひんやりして気持ちがいいですよね。

それに、冷蔵庫で保存することによって雑菌の繁殖を抑えられるような感じがしませんか?

しかし、冷やしすぎるとパックに含まれている美容成分が結晶化してしまい、

肌を傷つける原因となったり成分の分離が進んで、期待されている効果が発揮されない可能性もあります。

また、毛穴が引き締まった状態ではせっかくのマスクの美容成分がお肌に浸透しづらくなってしまいます。

もし、冷蔵庫で保管する場合は、冷気が当たりすぎないよう、扉ポケットや野菜室に入れるようにしましょう。

また、冷蔵庫の雑菌がパックにうつってしまう可能性もあるので、冷蔵庫に限らず、パックを保管する場所は清潔に保つようにしてくださいね。

パックに保存方法が記載されている場合はそちらの方法に従ってくださいね。

パックの状態を確認するには

使用期限内だとしても、保存状態が悪ければパックは劣化してしまい、肌にダメージを与えてしまう可能性もあります。

敏感肌の場合は特に注意が必要です。

購入日や開封日がわからず「このパックまだ使えるかな?」と不安になった時は、このような点を確認してみてください。

  • 匂い
  • 変色
  • 肌の違和感

変な匂いがしたり、パックや美容液が変色している、使用した時にヒリヒリするなど肌に違和感を感じた場合はすぐに使用をやめてくださいね。

使用期間を守るためには?

せっかく肌のために使用するフェイスパック。

劣化したものを使用して逆に肌荒れしてしまう、なんてことになってしまったらショックですよね。

そんなことにならないためにも、開封前、開封後それぞれ使用期限を守るために、こんな事を意識してみるといいかもしれませんよ。

パックの購入日・開封日を記入する

パックを購入したら、まず製造日や使用期限の記載があるか確認しましょう。

載っていない場合は購入日を記入して、それから3年以内に使用するようにしてください。

また、大容量のパックを使用する時は、開封日を記入しておき、その日から1ヶ月以内に使い切れるように意識しておくといいですね。

最近は、韓国のパックが、日本でも気軽に購入できて人気ですが、韓国で製造されているものには製造日と使用期限が記入してあることが多いです。

「mfg」は製造日「exp」は使用期限という意味なので韓国のパックをもらったり、購入する場合は覚えておくと便利ですよ。

使い切れる分を購入する

自分の使用頻度に合わせて、使い切れる分を購入するようにしましょう。

毎日必ず1回は使用するという場合は、大容量の30枚入りのものはコスパも良くおすすめですが、

週1回のスペシャルケアとしてパックをするような場合は、使い切りタイプの1枚入りのものを購入するのが良いでしょう。

また、使い切ってから新しいものを購入するようにするだけでも、パックを余らせる事はなくなりますよ。

使用期限が切れたパックの活用法

気づいた時にはもう使用期限が切れてしまっていたり、開封後1ヶ月以内に使い切れなかったりする場合もありますよね。

けど捨てるのはもったいない、そんな時は顔以外に使用することができますよ。

顔の肌はデリケートでダメージを受けやすいので使用期限が切れたものを使うことはおすすめできませんが、

顔よりも皮膚の強いボディケアに活用することができます!

二の腕などでパッチテストを行い、肌に問題がないか確認してから使用すると安心ですよ。

あまりにも匂いや色等に異常がある場合は使用しないでください。

肘やかかとなどの角質ケア

肘や膝、かかとなどは皮膚がごわついたり、黒ずんだりしがちですよね。

そんな場合はパックでスペシャルケアをしてあげるのがおすすめですよ。

肘や膝などの関節部分って意識していなければ丁寧にケアする機会ってあまりありませんよね。

しっかり保湿されることで、黒ずみも改善され、しっとりとした肌になれますよ。

ハンドケア

指先のささくれや手のしわなどが気になる場合は手にパックをしてハンドケアするのも効果的です。

手には年齢が出やすいともいうので、パックを有効活用して指先まで潤った若々しい手を目指しましょう。

手の甲にパックした後、ビニール手袋をするとより効果的ですし、動いた時にずれたりせず安心ですよ。

マッサージ液

美容液をたっぷり含んだパックなら、足やお尻、腕やお腹など、全身のマッサージ液に使用することもできますよ。

ふくらはぎなど、乾燥が気になる部分にパックした後、美容液を絞って全身をマッサージすると効果的です。

とろみのある美容液でマッサージしやすいだけでなく、美容成分でお肌も潤うので一石二鳥ですね。

美容入浴剤

大量にパックが余っている場合は入浴剤がわりに使用するのもいいですよ。

何枚かのパックを絞って湯船に垂らします。

簡単に全身ケアができますし、香りのあるものだとリラックス効果もありそうですね。

お掃除にも⁈

パックに異常がみられて、体にも使うのがよくなさそうな場合は、お掃除に使うことができますよ。

湿っているので、窓や鏡の掃除、サッシの溝などの細かい部分の掃除にも最適です。

そのまま捨てるのはちょっと、、という場合はお掃除グッズとして活用してみてくださいね。

まとめ

フェイスパックにも使用期限があるんです!

使用期限の記載がないものの場合は、未開封で3年、開封済みで1ヶ月以内を目安に使い切るようにしましょう。

この期限は、直射日光の当たらない冷暗所で常温保管した場合の期限なので、保管方法にも気を付けるようにしてくださいね。

パックは自分の使用頻度に合わせて購入し、購入日や開封日を記入しておくなどして、使用期限を意識するようにしましょう。

使用期限が過ぎてしまったパックは以下のように使用することも可能ですよ。

  • 肘、膝、かかとなどの角質ケア
  • ハンドケア
  • マッサージ液
  • 美容入浴剤
  • 掃除

使用期限が過ぎてしまったものは肌トラブルを起こす可能性もあるので、しっかり意識して早めに使い切るようにしましょうね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)