仕事

ライティングに時間がかかる人に伝えたい基本ポイントと速く書くコツ

どんなに良い記事がかけても、記事を書くスピードが遅いとライターであれば期限に間に合わなくて仕事にならないし、ブログを作っているなら記事数がなかなか増えていきませんよね。

書くテーマがあらかじめ決まっていたとしても、記事全体がうまくまとめられなかったり、納得のいく記事に仕上げられないまま時間だけが、”じりじり”と過ぎて行ってしまったりということもあると思います。

そこで、今回は実際にこうしてブログを書いている私なりの記事が速くかけるようになる方法をお伝えしていきます!

記事の基本ポイント

私の場合もそうでしたが、記事がまとまらなかったり、書くのが遅いのは、そもそも記事の構成や全体の流れを理解せずに書きはじめるからだったりします。

記事作成では、書くこと自体よりもしっかり準備しているかどうかがスピードを左右します。

いきなり書いても手が止まらないくらい慣れているならいいですが、そうでないなら、しっかり準備しましょう!

急がば回れです!

以下のことは最低限知っておいたほうが良いと思います。

基本ポイント1(構成)

記事の構成は、大きく以下の3つで構成されたものが読みやすいと思います。

  1. 導入:読者を読みたくなるように惹きつける部分
  2. 記事:テーマに対する自分の意見を述べ解決策を提示する部分
  3. まとめ:記事で最も伝えたかったことを簡潔に書く部分

*特に②記事は、見出しを付けて、テーマに対する解決策をいくつか用意してわかりやすくなるようにしてください。

基本ポイント2(記事作成の順序)

記事を書いていくの順番は、次のような順番が効率的だと思います。

1.テーマ・読者ターゲットを絞る

たくさんの人に読んでほしいのはわかりますが、宛先のない手紙が相手に届かないように、宛先のない記事は結局読まれにくいです。

そこで、誰に対して情報発信したいのかイメージします。

あなたの記事を読んだ後どうなるのか、メリットも提案できると読まれやすくなるでしょう。

2.情報の収集
テーマと読者ターゲットを決めたら、関連する情報収集を行ないます。

読者がどんな人なのか、何を求めているのかなどなどを調べます。

情報集の方法はネットに限らず、人との会話、たまたま読んだ雑誌、テレビでもなんでもいいので、普段からアンテナを張っておくといいですね!

「記事を書く」という意識でいると、身の回りが違って見えてくるはずです。

3.目次を作ろう

情報収集してどんな記事を書くか決まってきたら、記事の目次を作ってみましょう!

いきなりはじめから書くと、途中で話がブレたりしやすいです。

目次を作っておけば、変な話や余計な話が混じっても気づけます。

 

4.記事の作成

いよいよ記事の作成です。

目次をさらに詳しくしていくように書いていけば、記事になります。

5.記事の装飾・校正

記事が完成したら、必ず見直したほうがいいです。

書き上げたらすぐにチェックせずに、食事やコーヒーなどでリラックスした後くらいがベストです。

書き上げた当初はテンション上がって「いい記事書けた」と思っていても、一呼吸おいて見返すと「なんだこれ?」となること多いです!

誤字脱字もしっかりと。

 

記事を書く速度を上げるためのコツ

1.準備は入念に。

「急がば回れ」
記事を書き進めて行くと途中で疑問点が出てくることがありますが、

その都度リサーチすることを繰り返すと、記事作成の時間が長引くことになります。

また、書きたいことが途中で増えたり変わったりして、記事全体に一貫性がなくなったりすることもあります。

そうならないように、準備して、

記事が一気に書き終えられるように準備しましょう。

 

2.記事を書く時間を決める

記事作成に完璧はないので、時間をかけようと思えばいくらでもかけられます。

なので、長引かないように記事を書く時間は最初に決めておくといいです!

あなたが使える時間や集中できる時間帯に合わせて決めるのもいいかもしれません。

3.書いて、書いて、書きまくる!

記事を書くスピードをアップするには書くことでしか上げることは出来ません。

ニュース、特大イベント、流行の記事は日頃から仕入れておいて、その中で特に気になった情報はメモっておくのも大切です。

特に得意分野のことは思いついたときに、サクッと記事にしてみるのもいいかもしれませんね。

4.タイピング速度を上げる

記事を作成するためには文字を打ち込む必要がありますね。

このスピードは1記事なら大した差にならないかもしれませんが、何記事も書いていくとすごく大きな差になってきます。

ライターを目指すなら、基本となるタッチタイピングくらいは習得しておいたほうがいいです。

YouTube動画などを参考にすれば2週間ほどで、出来るようになるはずです。

タッチタイピング

 

まとめ

記事を書くスピードアップを図るには

結局、1記事でも多く「書いて、書いて、書きまくる」以外、方法はありません。

しかし、がむしゃらに適当なやり方で書く量だけ増やしても成長しません。

常にどうすれば良い記事が書けるか、どうすればスピードアップできるかを考えながら書きまくることで、成長スピードは変わってきます。

ただ繰り返すのは努力ではないです。

努力は適切な方向に向くからこそ報われるものだと思います。

私なりの方法を紹介しましたが、あなたの記事作成スピードアップに役立てれば嬉しいです!

どんどん書いて練習しましょう!

ライターするならクラウドワークスでお仕事を探しましょう!

昔からある大手なので、常に数多くの案件が掲載されていますよ!



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)