美容・健康

美容脱毛と医療脱毛の違いとは?それぞれの特徴と新たな脱毛方法も紹介


脱毛を始めてみたいけど美容脱毛と医療脱毛の違いがよくわからないこと、ありませんか。

どちらのパターンが自分にあっているのかと、気になりますよね。

費用の差や痛みの有無などを理解していないと、不安でなかなか脱毛に踏み出せないかもしれません。

こちらの記事ではあなたの疑問や不安が少しでも解消できるよう、2つの脱毛のメリットとデメリットをお伝えしていこうと思います。

また、最新の脱毛技術についても紹介していますので、是非参考にしてみてください。

美容脱毛と医療脱毛の違いとは?

目的は脱毛するというどちらも同じ行為ではありますが、実は根本的な違いがあります。

サロンで行う美容脱毛(サロン脱毛)をする場合、光脱毛という方法を使います。

肌に光を当て、毛が生えるスピードを遅くしたり毛質を柔らかくして目立たなくすることを目的としています。

一方医療脱毛は、レーザー脱毛という医療行為を行い、レーザーで毛を生やす組織を破壊して脱毛をするという方法です。

これらの施術方法はそれぞれメリットとデメリットがありますのでそれぞれ比較してみましょう。

美容脱毛のメリットとデメリット

美容サロンで行われている光脱毛とは、一体どんな施術法なのでしょうか。

肌への影響や費用の面なども気になるところです。

それでは詳しく確認していきましょう。

美容脱毛のメリット

さきにメリットからみていきましょう。

肌に優しい

医療脱毛に比べ光の出力が弱いので、肌への負担が少なくなります

肌の赤みや腫れを起こしにくいので、肌が弱いタイプの方でも施術を受けることが可能ですよ。

また、肌への刺激が少ないので痛みもおのずと少ないのも安心ですね。

お試し価格も魅力的

医療脱毛に比べ比較的安価にできるのも嬉しいポイントです。

脱毛といえば以前は高額なイメージがありましたが、最近では料金の見直しをするクリニックが増えています。

以前に比べ通いやすくなったようです。

また、部位や回数、月払いや年払い方法など細かく料金プランが設定されているので、自分に合わせて契約がしやすいのもおすすめポイント。

自分の生活スタイルや予算などに合わせて契約すると負担が少なそうですね。

また、キャンペーンをやっているお店も多くお試し価格で提供されているので、気軽に試しやすいかもしれません。

美容脱毛のデメリット

メリットがある一方、やはりデメリットもありますので確認していきますね。

診察が不可

医療資格がないので、診察するのではなくあくまでもカウンセリングというスタンス。

肌への負担が軽いとはいえ、万が一施術で肌が荒れてしまっても、すぐ診てもらえるということはないので注意が必要ですね。

通う期間が医療期間と比べて長い

美容脱毛は、平均的に1年半から2年はかかると言われています。

自己処理が楽になるのに約1年、ほとんど生えてこなくなるのには約3年かかるそう。

これは脱毛施術は毛周期の中でも成長期の毛に施術を行うためです。

また、美容脱毛の場合は根本治療ではないので、一度生えてきたムダ毛は薄い状態でまた生えてきてしまいます。

そのムダ毛が成長期に入った時に施術をするといったサイクルを繰り返すので、どうしても時間がかかってしまうようです。

毛周期とは?

補足として、毛周期についてご説明しますね。

毛周期とは成長期、退行期、休止期を繰り返す毛の生え変わるサイクルのことを言います。

髪の毛やまつげが自然と抜け落ちたりしますよね。

これは成長期を終えた毛が休止期に入っている状態だからなのです。

脱毛施術の効果があるのは、成長期の毛だけです。

これはメラニン色素に反応することによります。

成長期の毛は黒色が濃く、レーザーや光が毛根までよく届き、効果的な脱毛を得られます。

これに対し、休止期と退行期の毛はメラニン色素が薄く、あまり反応しないので施術をしても効果的ではありません

成長期を待って1回で終わらせたいところですが、成長期の毛は全体の10%から15%程度しかありません。

よって、何回かに分けて行う必要があるのですね。

毛の周期に合わせて脱毛が行えれば最も効率がよいのですが、毛周期の長さには個人差があります。

現実的には成長期の毛を見分けるのは難しいようです。

医療脱毛のメリットとデメリット

医療機関で行う施術は、美容サロンで行う施術とどういったところに違いがあるのでしょうか。

レーザー脱毛の際の痛みなど、気になりますよね。

早速チェックしていきましょう。

医療脱毛のメリット

まずメリットをみていきましょう。

永久脱毛ができる

医療脱毛は、レーザーで毛を生やす組織を破壊して脱毛をするという方法ですね。

ここでひとつ注意したいことは、永久脱毛という言葉の誤解です。

米国電気脱毛協会(AEF)では、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛を永久脱毛だと示しています。

つまり永久脱毛とは、脱毛後に毛が1本も生えてこないという状態ではありせん。

あくまでもムダ毛の再生率20%以下の状態をキープする、ということなのです。

そうは言っても、ムダ毛を根本から消していくので、ほぼ永久脱毛といっても大丈夫でしょう。

個人差はありますが、完了するまでに約1年かかると言われています。

特に完璧に近い形で脱毛したい、脱毛期間を短くしたいという場合は医療脱毛の方がおすすめですよ。

皮膚科診察が可能

お医者さんがいるという心強さはあります。

強いレーザーを肌に当てるため、万が一肌が荒れてしまった場合などもその場で診察を受けられます。

医療機関ならではの安心感ですね。

医療脱毛のデメリット

一方、デメリットを挙げてみますね。

費用が高め

医療機関とサロンでは使用しているマシンが違い、性能が良いのでどうしてもやや費用が上がります。

全身脱毛の平均的な価格は10万円アップの約30万円くらいだと言われています。

しかし、クリニックもキャンペーンを行っていることもありますので、検討する場合は事前にしっかりチェックした方が良さそうですね。

強力な脱毛ゆえの痛み

医療脱毛は美容脱毛に比べて痛いのは、パワーが強いためです。

痛みの主な原因は、レーザーを当てた時に毛根で発生する熱によるもの。

痛みを和らげるには、その部分をよく冷やしたり、場合によっては麻酔をする方法もありますよ。

美容脱毛と医療脱毛どちらを選ぶ?

それぞれのメリットとデメリットについて、特に気になる項目ごとにまとめてみました。

比較 美容脱毛 医療脱毛
脱毛期間 1年半から2年 半年から1年
全身脱毛の場合の費用 約20万 約30万
脱毛資格
診察 ×(カウンセリングのみ) 有(皮膚科)
肌トラブル 少ない 可能性がある
永久脱毛 ×
痛み 少ない ある

費用は少し高くてもより完璧に近く、より短期的に行いたいのであれば医療脱毛が向いているかと思います。

逆に、多少期間が長くなり目立たない程度でも、少しでも費用を抑えたかったり、肌をいたわりたいという場合は、美容脱毛の方が向いていますね。

こんな施術法もあった!最新の脱毛技術

近年、最新の施術方法が開発されていたことはご存知でしょうか。

ここまで美容脱毛と医療脱毛を比べてきましたが、どちらのデメリットも気になってしまい決められないと、悩んでしまうこともあるかもしれません。

これから紹介する新技術は美容脱毛ではありますが、今までの美容脱毛よりさらにパワーアップした内容となっています。

あなたが気になっていることをカバーできる内容かもしれないので、是非チェックしてみてくださいね。

美容脱毛でiPS細胞を使った美容液を使用

iPS細胞とは、細胞を増やして人工的に作られた多能性の幹細胞のことです。

山中伸弥教授が世界で初めてiPS細胞の作製に成功し、ノーベル医学賞を受賞したことは記憶に新しいですよね。

幹細胞は簡単に言うと、新しい細胞を生み出して、肌の再生を促進してくれる細胞です。

つまり肌に対しては、アンチエイジング効果が期待されるということですね。

出典:iPS細胞についての記述の詳細はこちら

iPS care 方式という新脱毛方式

この施術は、このiPS細胞を培養する時に得る培養上清液を配合した美容液を、脱毛前に使用します。

再生医療を利用した美容液を使うことにより、より肌に優しくその上美肌効果を実現させました。

こちらの脱毛法は、今のところサロンでしか取り扱っていないようです。

美容脱毛サロン ミュゼ・プラチナム

(※2022年3月時点の情報です)

しかしながら、従来の美容脱毛よりも、脱毛効果を期待できるのではないでしょうか。

脱毛効果30%UPを実現 

従来の脱毛機のパワーから約30%UPを実現しています。

再生医療を用いることで肌への負担が軽くなるので、より早く、少ない回数で脱毛効果を実感していただけます。

お手入れ時間を約20%短縮できる

より肌への効果が高いiPS細胞を利用した美容液を使用することで、お手入れ時間を短縮が可能となりました。

美肌効果への期待

美肌効果を高め、素肌の力を引き出し、さらに上質な美肌が期待できますね。

こんな最先端な脱毛法があったのですね。

従来のサロン脱毛より、脱毛期間が短くなるという嬉しい情報ですね。

脱毛をしても、その後の肌への負担が気になる場合は、最先端技術であるこちらの施術も視野に入れても良いかもしれませんね。

よりツルツルのお肌への効果を期待できそうです。

脱毛施術の注意点

脱毛施術に通う上で守っていただきたい大切なことは2つあります。

  • 妊娠中
  • 持病がある場合や薬服用、予防接種後などの場合
  • 肌荒れをしている場合

妊娠中は基本的にNG

レーザーや光を肌に当てても、妊婦さんや赤ちゃんに直接的な影響を与える可能性は低いと言われています。

ですが、妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいため、毛周期が不安定になり脱毛効果が得られにくくなる可能性があります。

また、肌にも影響を及ぼす可能性があるため、できるだけこの時期は避けた方が良さそうですね。

薬を飲んでいるときは要相談

持病があって通院していたり、薬を飲んでいる場合は、成分によっては肌が敏感になり、肌荒れやアレルギー反応が起きる可能性もあるようです。

しかし、タイミングをずらして行うことも可能なようなので、施術前に相談することをおすすめします。

肌荒れ時には細心の注意を

肌に光やレーザーを当てることが大前提ですので、ニキビや赤み、乾燥などの肌荒れがあると、より荒れる可能性は否定できません。

まず肌の調子を整えてから受けることをおすすめします。

まとめ

美容脱毛と医療脱毛にはこんなにも違いがあることがわかりました。

どちらにせよ、毎月無理なく払える金額か、通える期間か見極めることもポイントのひとつかと思います。

最低でも1年は通い続けることを想定しておいた方が良さそうですね。

値段や期間の差はもちろん、施術方法も随分かわってきます。

自分のお肌に合った方法で、ツルツルの美肌を目指しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)